立ち読み電子図書館
2011年09月01日(木)

『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』著者:適菜収 「B層」をキーワードに、ゲーテが予言した大衆社会の末路を読み解く!

upperline

 「B層」とは?---マスコミ報道に流されやすい「比較的」IQの低い人たち 小泉郵政改革に熱狂し、民主党マニフェスト詐欺に騙され、流行のラーメン屋に並ぶ層。彼らの「選択」が国家を崩壊に導く!

序章 こんな社会に誰がした?

野蛮な時代がやってきた

 なんだか世の中がデタラメになってしまったと感じます。

 三流のものがもてはやされ、おかしな考え方が幅を利かせています。

 本当に価値があるものは、ないがしろにされ、軽く見られ、「つまらないもの」「古くさいもの」「過去のもの」として扱われている。

 かつてドイツの古代史家バルトホルト・ゲオルク・ニーブール(一七七六~一八三一年)は、「野蛮な時代が来る」と警告を発しました。

 その言葉に巨匠ゲーテは呼応します。

「その時代はすでに来た。私たちは野蛮な時代に暮らしている。野蛮であるということは、すぐれたものを認めないということだ」

 そしてなおも今は、野蛮な時代です。

 嘘に嘘を塗り重ねて、八方ふさがりになっている。

 どこかで道を間違えて、行き先もわからず右往左往している。

 希望が持てない。

 街を歩けば居酒屋チェーンやファストフードばかり。

 テレビをつけても面白くない。

 書店に行けば、くだらない本が山積み。

 聴くに堪えないJポップ。

『ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体』
著者:適菜 収
講談社プラスアルファ新書
定価880円(税込み)

◎担当編集者よりの紹介◎

なぜ日本はおかしくなってしまったのか?
小泉純一郎、小澤一郎、鳩山由紀夫、菅直人。なぜ我々は三流政治家を権力の中枢に送り込み、「野蛮な時代」へ回帰したのか? 「B層」をキーワードに、ゲーテが予言した大衆社会の末路を読み解く!

 

次ページ  大手商社がつくった表面上シッ…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事