雑誌
あなたの街は大丈夫か?首都圏「液状化」全地点MAP
防災の日(9・1)を前に、改めてこの「恐怖」を
考えたい
液状化により、電信柱が傾き、道路は波打つように激しく隆起している。茨城県潮来市日の出地区にて〔PHOTO〕船元康子

 沿岸部だけでなく内陸部でも!過去に起きた地域はどこか鎌倉時代まで遡って徹底検証

 東日本大震災から5ヵ月超。そして、9月1日で、首都圏に壊滅的な被害をもたらし、10万人以上が犠牲になった関東大震災から88年が経とうとしている。

 関東大震災の被害として、主に東京で起きた大規模火災が伝えられているが、実は首都圏の広い範囲で液状化現象が発生したことはあまり知られていない。

 東日本大震災でも、首都圏は液状化による被害に直面した。とくに、千葉県浦安市をはじめとするウォーターフロントの住宅地の液状化は大々的に報じられ、道路から黒い水が溢れ出す光景は、湾岸部に住む人々に恐怖をもたらした。

 そもそも液状化とは、緩い砂の地盤の中で発生する現象だ。普段は支えあっている砂粒が、地震の揺れによって地下水の中に浮いた状態になり、泥水のようになることを言う。そして、砂粒の間にある水の圧力が次第に高まり、砂を含んだ地下水が地表に噴き出すのだ。地盤地震工学に詳しい、京都大学防災研究所の田村修次准教授が解説する。

「地盤が液状に近い状態になるため、重いものはどんどん沈下していき、地中に埋まっている軽いものは浮き上がっていきます。住宅など重い建物や電信柱は沈下し、マンホールが浮き上がるのはそのためです。浦安で被害を受けた住宅は、ほとんどが一戸建てでした。浦安には、地下45mあたりに固い地盤があります。ある程度高層の建物だと、固い地盤まで基礎杭を打ち込んでいますが、一戸建てのような低層住宅では途中までしか打ち込んでいないケースが多いのです」

 液状化の被害は、浦安のような湾岸部の埋め立て地だけで起こると誤解されがちだが、実は内陸部にも過去に液状化被害を受けているところは多い。

 歴史的資料や聞き取り調査によって、日本全国でこれまでに液状化が起きた場所を分析した著書『日本の液状化履歴マップ745-2008』(東京大学出版会)を手がけた関東学院大学の若松加寿江教授は次のように分析する。