田原総一朗のニッポン大改革

田原総一朗×竹中平蔵対談VOL.2「首相公選制で日本のリーダーを改革せよ」

なぜ小泉純一郎に改革ができて、菅直人にはできないのか

2010年12月20日(月) 田原総一朗
upperline

vol.1 はこちらをご覧ください。

田原 1990年には日本の国際競争力は世界で第1位だった。今それが27位にまで落ちちゃった。これなんですか、なぜ落ちちゃったんだろう?

竹中 やっぱり「保護」したからですよ。

田原 え?

竹中 保護したからです。

田原 何を保護したの?

竹中 例えば農業を保護しました。今はJALを保護してます。つまり弱いものを残しているからです。

田原 ゾンビをどんどん作っていると。

竹中 そういうことです。弱いものを残したら全体が弱くなります。

 よく日本とスウェーデンが比較されますが、スウェーデンは本当に厳しい国ですよ。自動車会社のサーブが潰れそうになって国に助けを求めたとき、スウェーデン政府は、そんな弱い企業を残しておいたら経済が弱くなると助けなかったんです。

 日本はJALを助けました。弱いものを残したら弱くなります。本当はやはり淘汰がある中で、新しいものに挑んでいかなければ、挑戦していかなきゃいけない。

 

次ページ 田原 日本の国民性かもしれない…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事