菅と仙谷「自民党と組む」
永田町激震スクープ 大政奉還?

 菅首相は自らを高杉晋作になぞらえている。だが、いまの首相に、高杉のような改革者の志は微塵も感じることができない。権力の座に居座り続けるためなら、国民から見放された政党とも野合を図る。その行動は滅びゆく者のそれとしか見えない。

「鳩山より長くやりたい」

 東京・港区麻布十番に、政界要人や芸能人ら、著名人が訪れることで知られる高級中華料理店がある。

「富麗華」というのが店の名前だが、その夜、店内には菅直人首相の高笑いの声が響いていた。

「仙谷由人官房長官らと、個室で会食されているようでした。中の様子は分かりませんが、部屋の外に聞こえるくらいの菅さんの笑い声が、何度も聞こえましたよ」(店に居合わせた客)

 この日(11月24日)は、前日の北朝鮮による砲撃で、韓国側は兵士の他にも、一般市民に2名の死者が出ていたことが判明していた。隣国の一つである日本にとって、北の暴発は他人事ではない。

 ところが、この国のトップ二人は、そんな危機の真っ只中だというのに、高級中華店で笑い声を上げながら、ノーテンキに盛り上がっていたのだった---。

 菅首相と仙谷官房長官、この二人、本当は仲がかなり悪い。首相は仙谷氏のことを、小うるさくて煙たい存在と思っているし、仙谷氏のほうは、最近も「菅と一緒にいると、オレのほうまでダメになる」と周囲に漏らすなど、内心ではバカにしきっている。そもそも、水と油の関係なのだ。

 しかしこの日、二人は表面上、そうした互いの葛藤を押し殺し、北朝鮮の砲撃もそっちのけで、互いに酒を酌み交わしていたわけだ。いったい、二人の間に何が起きたのか。

 実はその前日の23日、両者の間で、ある「合意」が結ばれていた。民主党ベテラン議員の一人がこう語る。

「首相と官房長官は結託して、なんと自民党に対して連立を申し入れることにしたのです。菅首相は失言問題を起こした柳田稔法相を22日に更迭しましたが、野党は勢いづいて仙谷氏らの問責決議案まで用意し、補正予算の成立もままならない。そのドン詰まり状態を打開するため、自民党に手を突っ込んで手を結ぼうと計画したのですよ」

 本来、相容れないはずの菅・仙谷コンビが、それでも付かず離れずの関係を保っているのは、二人の間に唯一にして絶対の共通目的があるからだ。

 それは、「何が何でも政権を維持する」こと。首相は国会で「石に噛り付いてでも」と口にしたが、同時にこんなふうに側近らに漏らしている。

「鳩山(由紀夫前首相)より、一日でも長くやりたい」

「来春の訪米は、ぜひ実現したい」

 一方で仙谷氏のほうも、陰では菅首相を小バカにしながらも、こう話している。

「菅はどうしようもないが、菅が倒れたら民主党政権自体がおしまいだ。否応無く、支えざるを得ないんだ」

 かくして彼らは、内心はたとえ顔も見たくないような間柄であっても、権力の座を守るために、あらゆる手立てを講じようとしているのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら