"ソーシャルグッド"非営利SNS「JUMO」の営利メディア企業「GOOD」による"救済合併"が意味すること
Jumo 創業者 / CEO クリス・ヒューズ氏(写真:Getty Images )

 本コラムをお読みの方であれば社会をよくするために個人とNPOをつなげるSNSサイト「JUMO」(ジュモ:西アフリカの言語であるヨハル後で「一緒に調和して」という意味)を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

 フェイスブックの共同創業者、オバマ大統領選挙のオンライン・キャンペーン・ディレクターの経歴を持つクリス・ヒューズ氏(27)が昨年11月末にスタートしたチャリティ・プラットフォーム・サイトは、創業者のそれまでの知名度、そして「ソーシャルメディアが世界を変える」ことへの期待も込めて、ニューヨークタイムズ、CNN等主要メディアでも取り上げられる大きなニュースでした。

 その「Jumo」が、「社会をよくする」ことに特化したメディア営利企業「GOOD」に吸収(acquire)されるというリリースが8月17日に発表され、ニューヨークタイムズFastCompanyクロニクル・オブ・フィランソロフィー等でも取り上げられ、同じく大きな話題を呼びました。

 GOODの共同創業者/ CEOのベン・ゴールドハーシュ氏は公式ブログ記事でこう言っています。「私たちの進化のための大きな一歩である。(中略)メディアをコミュニティが、そしてコンテンツを行動が、それぞれ補完するための力を統合するためにJumoを吸収した。(中略)1足す1が3に、いや、それ以上になるのです。」

営利企業が非営利団体を吸収するということ

 「GOOD」による買収額は開示されていないものの、オンラインサイト「BETABEAT」は、「Jumoは対面を保つためにタダで"救済合併"された」(Jumo ‘Acquired’ for $0 and a Graceful Exit) と報じ、ビジネスとチャリティの新しいあり方に興味を寄せる多くの人に、驚きと共に考える機会を提供しています。