サッカー
サッカー界における『ジャパン・パッシング』
Jリーグはアジア枠を活用してアジア各国での市場を広げるべきだ

ベトナムにて

 アジア経済に占める日本の存在感が低下していることで、欧米の政府や企業などの日本への関心が薄れている、と言われてきました。あまりにも不安定な政権もまた、対外的な信用を失墜させているのでしょう。そうしたなかで、「ジャパン・パッシング」という言葉が無視できなくなってきていると感じます。

 サッカー界においても、『ジャパン・パッシング』は現実として起こりつつあります。

 かつて日本は、ヨーロッパのビッグクラブにとって魅力的なマーケットでした。シーズン開幕前の7月や8月には、毎年のように複数のクラブが来日したものです。知名度アップを目ざすキャンペーンとして、彼らは限られた時間のなかで日本を訪れたのでした。

 それがどうでしょう。

ジャパンパッシングどころかジャパンナッシング

 今夏のプレシーズン、バルセロナ(スペイン)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はアメリカツアーを敢行しました。昨季のヨーロッパナンバー1を争った両雄が、揃って同じ場所へ向かったのです。

 日本でもお馴染みのアーセナル、チェルシー、リバプールのイングランド・プレミアリーグ勢は、東南アジアに照準を定めました。「ジャパン・パッシング」どころか、「ジャパン・ナッシング」という状況です。

 私は8月中旬にベトナムを訪れたのですが、当地でもイングランド・プレミアリーグのクラブに人気が集まっていました。現地法人に務める知人に聞くと、「マンチェスター・ユナイテッドが一番人気だ」とのことでした。

 世界の人口はおよそ70億人と推定されています。そのうち、中国、インド、ASEAN(東南アジア諸国連合)で、ほぼ半分を占めると言われています。

 これから人口が増えていく国も多い。ベトナムはおよそ8600万人の人口が、10年以内に1億人を越えると想定されている。それも、次代の担い手となる若い世代が増えていく。高齢化社会へ向かっている日本とは対照的です。国としての将来性を鑑みれば、どちらが魅力的なのかは言うまでもないでしょう。ヨーロッパのクラブが東南アジアへ目を向けていることには、そうした理由があるのです。

 さて、Jリーグはどうしたら良いのでしょうか?

 ヨーロッパのクラブが、再びやってくるのを待つのか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら