松下幸之助 vol.3
水道哲学の原点となった 天理教との出会い

vol.2 「企業経営者に。松下が直面した昭和恐慌」はこちらをご覧ください。

 天理に行ったのは、平成十三年の夏だった。

 文芸批評においては、保田與重郎に傾倒していたので、その生家があった桜井周辺は、何度か訪れ、歩いた事があった。

 天理は、桜井の真北に位置しており、直線距離にすれば、十キロに足りないぐらいの距離なので、行こうと思えば行くことは、造作もなかったのだが、訪ねぬままに過ごしていた。

 一度、物書きを稼業にしてしまうと、何処に行こうが、何をみようが、ある種の「取材」になってしまう。であるから、ボンヤリと、気楽にどこに行くという事は、し難くなってしまう。もちろん、その濃淡というのは、いろいろ多種多様であり、私は同業者のなかでも、ひときわその傾向—何でもネタにしてしまおうという—が強い。

江戸末期に中山みき を教祖として誕生。 写真は奈良県天理市 にある天理教会本部

 つまりセコイという事なのだろう。

 天理に行く事を思いついたのは、松下幸之助の評伝を執筆しはじめてからだった。

 天理教に、あるいは天理教の信者たちの営為に、松下幸之助が強く影響を受けたからである。

 天理での見聞は、松下の理念、いわゆる水道哲学の呼び水となり、そこに命を吹き込んだ、松下にとって本質的な経験であった。

人間は、何のために働くのか

 天理には、PHP研究所の編集者、研究スタッフとともに行った。

 実際のところ、松下の伝記を書く目論見を抱いた時、どの媒体、どの版元に話をするかでは、大分、考えた。

 松下幸之助について、もっとも厚い蓄積をもっているのは、PHPである。

 とはいえ、PHPは、松下幸之助が創始した会社、企業であり、そこに拠って松下を書く事は、記述の独立性、公平性において、著しい疑義を生じる懸念があるのではないか。

 厚顔な私も、少しは考えた。

 しかし、松下幸之助の伝記等は、既に夥しく出ている。

 毀誉褒貶は世の常ではあるけれど、批判よりは肯定的評価の方が多いのは一目瞭然、というのが、その当時の趨勢であった。今でもそうだろう。不況風がふけば、松下翁の著作が伸びるという黄金律は、いまだ健在のようだ。

 だとすれば、私がどう書こうと、提灯持ちの役割すら果たせまい。

 ならば、もっとも潤沢に資料を備えている、PHPの雑誌で、執筆させて貰う方がいいのではないか・・・。