スポーツ

さぁ、W杯ブラジル大会3次予選組み合わせが決定!
ザッケローニ「私は日本に恋している」

2011年08月20日(土) FRIDAY
friday

 この言葉はリップサービスではないだろう。今までの外国人監督は試合が終わるたびに自国へ戻ってしまう人間が多かった。だが、ザックは違う。彼は時に地下鉄を利用し、日本食を嗜み、Jリーグを視察しながら全国を行脚する。

好きな日本語は「侍」だが、性格は穏やかで働き者のザッケローニ。アジア予選ではどんな手腕をみせるのか[PHOTO]スエイシナオヨシ

「日本のサッカーを知るためには、文化を知ることも大切。そのためには、イタリアの新聞と朝食は恋しいけど、日本に住むのがいちばんだよ。それに、この国は本当に素晴らしく、ダイナミックだ。東京には8万軒ものレストランがあり、ピアディーナ(イタリア北部ロマーニャ地方の料理。小麦粉でできた薄い生地に、チーズやレタス、ハムなどを挟んだもの)を食べる場所も見つかった。京都はまるで時間が止まったような古い街並みでノスタルジック。広島には平和を記念するメモリアルが大切に残されている。そして、海はファンタスティックだ。飛行機の窓から砂浜を覗くと、どんなに多くのリゾート施設を建てられるかと思う。だが、東日本大震災に見舞われた。選手たちの目にも深い悲しみが宿っているよ」

  '14 年W杯を見据えれば、ザックジャパンはまだプロローグを戦い終えたに過ぎない。サッカー協会とザックの契約内容は2年間のオプションがついた2年契約。だが、1年後、"恋する監督"との契約更新に、今のところ障害は見当たらない。

取材協力:ラ・レプブリカ EIS 取材:フランチェスコ・サヴェリオ・イントルチア

「フライデー」8/19・26日号より

previous page
4


Special Feature
最新号のご紹介

スポーツプレミア アクセスランキング

  • 昨日
  • 直近1時間