読売・日テレ王国のこれから
財務省トップ前次官を監査役に招き入れた

 メディア界の「勝ち組」読売、日テレグループが変だ。退任まもない財務省の次官を監査役に招いたり、看板アナウンサーが次々流出したり、給与をめぐるストライキまで起きた。異変の真相に迫る。

なぜ新聞社に?

 紙面を見て、違和感を覚えた読者が多かったに違いない。

 今年7月まで財務次官を務めていた丹呉泰健氏(59歳)が読売新聞グループ本社の社外監査役となることが、当の読売の1面に写真付きで載った。官僚のなかの官僚と言われる財務省のトップが、メディア企業の監査役となること自体異例である。

 しかも、丹呉氏は7月に財務次官を退任してからわずか4ヵ月。いくつかの有名大学から教授として招聘されたのを断って、読売入りしたという。

 ある読売幹部はこう話す。

「青天の霹靂? そうでもない。丹呉さんが退任するときから、話はあった。決めたのはもちろん渡辺(恒雄・グループ本社会長兼主筆)さんだよ」

 民主党政権の「天下り実質的禁止」(マニフェスト)以降、財務次官OBといえども、大っぴらな天下りはしにくくなった。丹呉氏は、民主党政権ができて以来はじめて退任した次官で、行き先が注目されていた。

 読売新聞の現場記者たちも、やや当惑気味だ。

「丹呉氏が監査役になるのは、全然知りませんでした。新聞に載る数日前に、ある有名な評論家から『丹呉さんがおたくに行くんだって?』と言われてビックリしたくらいですから。仕事がやりにくくなる? そうですねえ、気にならないと言ったらウソになるかもしれない」(読売新聞経済部記者)

 消費税率のアップ、過剰な財政健全化路線はじめ、財務省の動向は常にメディアの監視と批判の対象になっている。

 その事務方トップが、今度はメディア企業の経理をチェックするというのは、普通なら忌避したくなる話だ。会社の経理という、人体にたとえれば「はらわた」に当たる部分まで晒して、丹呉氏を迎え入れる理由はなんなのか。

「丹呉さんは、小泉政権で5年半にわたって首相秘書官を務め、民主党政権になってはじめての財務事務次官で、自民党、民主党の双方に顔が広い稀有な官僚。渡辺会長にしてみれば、持論の『民・自大連立』を実現するためのキーマンなんです。

 もちろん国税対策という側面もある。財務省OBを身内に抱え込んでおけば、税務で問題が生じても収拾しやすいですから」(読売OB)

 今日の読売新聞の実質的な創業者・正力松太郎氏は元警察官僚だし、その後、小林與三次氏も同様に自治次官から読売入りした。

 一時は小林氏の娘婿・佐藤謙・元防衛庁次官の読売入りが取り沙汰されたこともある。読売新聞はもともと「官界」とは近い関係にある会社だということは言える。

 一方の財務省と、丹呉氏にとっても今回の渡辺氏の誘いにはメリットがあった。

「財務官僚が天下り先に困っている、という事情がある。最近の財務次官経験者は、丹呉氏の前の杉本和行氏、その前の津田廣喜氏ともに大学教授。かつてのような、政府系の大規模な金融機関に天下っているのは、4代前の藤井秀人氏(現・日本政策投資銀行副社長)が最後なんです。

 丹呉氏も大学教授になろうと思えばなれたが、それを避けた。そこに読売からの誘いがあって、渡りに船だったんじゃないかな」(財務省関係者)

 財務省担当記者は、丹呉氏が大学教授の椅子を蹴った理由をこう推測する。


「今回の読売の監査役就任は非常勤で、任期は2年。丹呉氏と、財務省の悲願は日銀総裁ポストの奪還です。最近の次官OBで、与野党の政治家に対する人脈の広さ、深さからいってその最短距離にいるのが丹呉氏。白川方明日銀総裁の任期(5年)が切れるのは'13年春ですが、そのときまで2年限定で読売に籍を置くということでしょう。大学教授から日銀総裁というケースは、いままでにないですからね」

 当の丹呉氏は、知人に、

「渡辺さんから頼まれたので、引き受けました。財務省の顧問や、経団連の仕事もやるつもりです。通貨ルール政策を研究したい」

 と話しているという。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら