Vol.6 「分解されるメディア コンテンツ・キュレーションについて考える」
インターネットが普及し、ユーザー数も当初とは比較にならないくらい爆発的に増大した。
あらゆる場所と人々がつながったいま、インターネットを利用するということは、ただ検索や買い物、情報発信のためだけではなく、社会そのものを変える可能性にも満ちている。
実際に、新しい産業が生まれ、旧来の産業のなかには価値転換を迫られているものもある。あまりにも変化の速度が激しいため、我々自身がその状態に適合する術を知らない。

本連載ではインターネットを介在させることで、これまで見過ごされてきた価値や経験などのヘリテージ(財産)を、新しい未来へとどう接続し直していくのか、コミュニケーションやメディアの変遷を通じて探ってみたい。
例えば、それは筆者のフィールドであるメディア産業を軸に、金融、製造など、多岐にわたる分野で起きつつあることを取り上げながら、新しい環境に我々が適合するためのヒントを探っていきたい。

 本連載Vol.2では、フェイスブックを例に取り、ソーシャルグラフが新しい情報の流通網に変化しつつあるという話をしました。今回は、さらにソーシャルレコメンドがもたらす、メディアへの影響について考えてみたいと思います。

 最近、「キュレーション」という言葉がウェブ系のサービスに従事している人たちの間で飛び交うようになってきました。厳密には、「コンテンツ・キュレーション(content curation)」のことですが、これはネットワーク上で常に特定のテーマに沿ってさまざまなニュースを集め、それに新たな文脈を付与して再提示する行為を指します。

 つまり、情報過多である現在、膨大な数の記事、つぶやき、資料、ユーザーグループなどのネットワークから、それらを掬い、新たに意味を付与するわけですが、インターネット前史なら編集者、つい最近ならばブロガーの多くがそれを行ってきました。現在はさまざまなツールが登場し、編集者でなくともこのような情報の再編集が可能となりました。

 そして、新たな「キュレーション」という言葉にくるまれて提示されたわけですが、今回はそれがメディアにも少しづつ影響を及ぼし始めるのではないか、ということを考えてみたいと思います。

探す、拾う、並べる! キュレーション・ツールはポスト・ブログである

 コンテンツ・キュレーションは「誰でもメディア化」した現代では、必要欠かさざる行為となっています。断片的な情報がリアルタイムで行き交う現在、コンテンツは細分化され、その速度のフローが高まっています。そのため、私は『Twitterの衝撃』(日経BP)への寄稿記事に、新しい時代のスターは「解説者」であると書きました。それら情報がどのような意味をもつのか、あるいは情報xと情報yがどう紐づいているのか、また、提示されたソース(情報源)は信頼できるのか否か等を解説することが、プロフェッショナル・メディアの新しい役割ではないかと考えています。

 しかし、その機能は細分化するかもしれません。情報の波、というよりも洪水がひっきりなしに押し寄せるわけですから、担当者ひとりだけでは到底対応できません。たとえば、ファクトチェック(事実確認)はその熟練者たちによる専門家グループが行い、種類によっては、すべての人々(クラウド)に任せるといったことが必要になるでしょう。

 そして、異なる情報同士に結びつきを見いだし、それらを発掘、そして、再編集する作業が必要です。さまざまなコンテンツのなかから、ひとつの文脈に沿って新しい視座を導き出せることがあります。多くは"まとめ系"のように、特定の事象を時系列にまとめたものがほとんどでしょう。これらはアドホック型の情報提示です。アドホックというのは「特定の目的のために(一時的に)」といった意味があります。それがおそらくコンテンツ・キュレーションの大勢を占めるでしょう。

「togetter」HP

 コンテンツ・キュレーションのためのツールは、数多くあります。日本では先の震災後にも活躍した「togetter」(http://togetter.com/)や「NAVERまとめ」(http://matome.naver.jp/)が有名です。震災直後に私が短期間に記事をまとめられたのも、このようなツールがその手がかりになっています(リンク参照:特別寄稿 『小さなメディアの大きな力 日本のメディアが変わった10日間』)。