民主党政権「終わりの予感」
何もできない、何も決められない人たち
国民の足を引っ張る政治かな

 蓮舫は言った「私がやったほうが・・・」 仙谷は言った「解散の準備を・・・」

 政治に限ったことではないが、バカなことは長続きしない。どこかで必ず終わりが来る。国民の足を引っ張り続けた民主党劇場もそろそろ終わりの時が近づいている。悪い夢を見た。それだけのことだ。

政治は漫才じゃない

 政治とはあまりにも重要な事柄なので、政治家に任せてはおけない---と言ったのは、フランスのシャルル・ド・ゴール元大統領だという。結局、その格言は真実なのかもしれない。

 たとえば鳩山由紀夫前首相である。引退するはずがそれを撤回し、国民を呆れさせたばかりだが、まるで懲りていない。とくに、側近の平野博文前官房長官が一緒にいると、軽い口がますます軽くなる。

 10月29日に大阪市内のホテルで行われた、平野氏の政治資金パーティの後もそうだ。

 このコンビは記者たちの前で、現在の菅・仙谷政権に対し、言いたい放題。オフレコだと、とんでもない話を連発してくれることで知られる二人だが、今回もまた、ある意味で期待を裏切らなかった。

鳩山 日中関係は壊れているね。

平野 前原(誠司外相)さん、頭はいいんだけど、落としどころを考えないと。「偽メール事件」のこともあるし。

鳩山 私たちがやってたら、日中関係もこんなことにはならなかったのに。

平野 鳩山さんは温家宝首相とパイプがあった。だから、忸怩たる思いを持っているんですよ。

 普天間問題で日本を大混乱に陥れた、アンタらが何を言うんだ・・・という突っ込みは、この際さておく。ともかく彼らは、菅政権に対する不満が相当に溜まっているらしい。

 話は、官邸職員が恐喝未遂容疑で逮捕され、官邸に警視庁の家宅捜索が入った事件に及び、そこではこんなやり取りが飛び出した。

平野 家宅捜索なんて、情けない話だよね。そんなみっともないことさせなくても、何とかなったでしょう。

鳩山 いっそのこと、官房長官室も捜索してもらえばよかったのに。そうすれば、「小沢の野郎をやっちまえ」なんていうメモが押収されたかもね(笑)。

 菅直人首相も仙谷由人官房長官も、この二人にだけはバカにされたくはなかったろう。しかし、現実には大いにバカにされている。

 そして、そう思っているのは、いまや彼らだけではない。同じ閣内、党内でも、現政権に対する不満と不安は、どんどんと高まっている。そして何より、心がすっと冷えていく感覚を味わっているのは、国民だ。

 最近、菅首相が首相官邸内で、怒鳴り散らしているシーンが目撃された。

「なんでだ!? 事業仕分けをしているのに、なんで支持率が上がらないのか。おかしいじゃないか!」

 首相がイライラを爆発させていた原因は、10月末に行われた「事業仕分け第3弾」。その真っ最中に行われた大手紙の世論調査で、菅政権の支持率が劇的に低下していたからだ。

 11月1日付の日経新聞によれば、菅政権の支持率は、前回(9月)調査から31ポイントも低下して40%に急降下。世論の支持が、1ヵ月半ほどでほぼ半減したことになる。

 これで、菅首相はブチ切れた。鳩山政権は、2度の事業仕分けでその都度、支持率を上げていたのに、なんでオレの時は---!

 だが菅首相は知らなかったかもしれないが、それも当然だ。事業仕分け第3弾の会場となった東京・池袋のサンシャインシティ文化会館は、「ガラン」としていた。昨年の第1弾では熱狂的な市民が会場に押し寄せ、人が会場に入りきれないほどの大盛況だったが、それも今は昔。今回、4日間の日程のうち、ついに最後まで、500人収容可能な会場が満員になることはなかった。

 テレビで報じられる仕分けの模様を見て、霞が関の官僚たちも嘲笑っている。

「おかしいでしょ。だって、自民党が作った去年の予算ならともかく、いまやっているのは、民主党が自分で作った予算に、自分でダメ出しをする作業ですよ。(今回仕分けの対象になった)特別会計がダメだと言うなら、予算編成の段階できっちりやっておけばよかった。わざわざ二度手間をかけて仕分けする意味が分からない」(経産省キャリア)

 すでに国民の多くは、事業仕分けが単なるパフォーマンスに過ぎないことを、看破している。国民には呆れられ、官僚には侮られ、大失態を犯して政権を放り出した張本人にも小馬鹿にされ・・・。

 こうして菅政権は、秋の夕日のように、地面に向けてつるべ落としに落下していくのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら