牧野洋の「ジャーナリズムは死んだか」
2010年11月04日(木) 牧野 洋

「捜査する側」を匿名にする日本の新聞報道はアメリカでは通用しない

日米のジャーナリズムで大きく異なる「情報源の秘匿」の意味

upperline

 大阪地検特捜部で郵便不正事件を摘発した検事はだれか? この質問に答えるのは今ではそれほど難しくないはずだ。

 主任検事は前田恒彦であり、彼を指揮する立場にあった特捜部長は大坪弘道、同副部長は佐賀元明だ。大阪地検のトップである検事正や次席検事ポストにあった検事を認識できる人もいるだろう。

 前田、大坪、佐賀の3人とも、連日のように新聞に顔写真付きで登場したからだ。郵政不正事件に絡んだデータ改ざん・隠ぺい事件で逮捕・起訴され、「捜査する側」から「捜査される側」へ転じたためだ。

2010年9月24日 朝日新聞

 郵便不正事件の摘発に取り組んでいた当時、3人は「捜査する側」として新聞に取り上げられただろうか。厚労省の雇用均等・児童家庭局長だった村木厚子を逮捕した時はどうだったか。

 紙面上では、郵便不正事件に絡んで組織としての大阪地検は数え切れないほど紙面をにぎわしているにもかかわらず、同事件を率いていた3人が登場することはほとんどなかった。

 つまり、データ改ざん・隠ぺい事件が表面化する以前は、同事件の担当検事がだれかを知っている人は、世の中にほとんどいなかったと考えられる。

 読売、朝日、毎日、日本経済の各紙を対象に、記事検索システム「日経テレコン」を使って調べてみた。

 対象期間は、大阪地検特捜部が広告会社社長らを逮捕した2009年2月26日から、村木に大阪地裁で無罪判決が言い渡された2010年9月10日までの1年半とした。

 紙面上では、前田は1度取り上げられただけだった。2010年6月23日付の読売社会面に載った「郵便不正、元局長求刑、検察、証言の迫真性強調」という記事中で、次のように紹介されている。

< 大阪地検特捜部で事件の主任検事を務め、公判にも立ち会った前田恒彦検事は『村木被告の指示で証明書が発行されたことに、疑問の余地はない』と言い切った >

 これだけである。前田がどんな経歴を持ち、どんな人柄なのかといった説明は一切ない。過去に音楽プロデューサーの小室哲哉による詐欺事件などの捜査で主任検事を務めたことも、検察ストーリー通りに容疑者から供述を引き出す「割り屋」として評価を得ていたことも、どこにも書かれていなかった。すべてデータ改ざん事件表面化後に明らかにされている。

 大坪と佐賀はどうか。大阪地検特捜部を率い、強力な公権力を行使する立場にありながら、郵便不正事件を指揮する検事として紹介されたことはまったくなかった。大坪は何度か紙面上に登場したが、京都地検次席検事への着任記者会見などであり、同事件とは無関係だった。佐賀は朝日のベタ記事「法務省人事」の中で言及されていただけだった。

次ページ  「捜査する側」と「捜査される…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事