長谷川幸洋「ニュースの深層」
カテゴリーアイコン

菅首相周辺が「改革派官僚」古賀茂明氏に接触していた「経産省3幹部更迭」の裏事情

海江田大臣がすぐ後任を発表できなかった理由

2011年08月05日(金) 長谷川 幸洋
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

 海江田万里経済産業相が松永和夫経産事務次官と寺坂信昭原子力安全・保安院長、細野哲弘資源エネルギー庁長官の3人を更迭した。更迭劇は一見すると、海江田が経産省首脳たちに原発事故とそれに関連する不祥事の詰め腹を切らせたように見える。

 ところが、中身はまったく違う。

 形ばかり3人を辞めさせたが、海江田は松永次官の後任に安達健祐経済産業政策局長の昇格を認めた。経産省事務方とすれば、官僚の権益をぎりぎりで守るのに成功したのである。3人はいずれ優雅に天下りするだろう。「身を捨てて省益を守った3人」として賞賛されるに違いない。

 ただ更迭劇には、いささか奇妙な点もある。

歯切れの悪い海江田経産相の会見

 それは朝日新聞4日付け朝刊から始まった。1面トップで「首相は3首脳を更迭する方向で海江田経産相と最終調整に入った」と書いた後、リード(前文)の最後で「海江田氏も3首脳を更迭後、速やかに辞任する考えだ」と結んでいた。

 朝日といえば、このところ菅直人首相との蜜月ぶりが話題になっている。朝日が脱原発の社説特集を組んだ7月13日当日、菅が脱原発で記者会見したのを皮切りに、29日にも朝日がエネルギー政策の工程表づくりを特ダネで書くと、その夜に菅が会見で裏打ちするといった具合だ。

 朝日が更迭を報じると、海江田は朝9時半過ぎから緊急会見を開いて「人心一新は1カ月くらい前から考えていた。詳しい人事の中身は後刻、みなさまに明らかにする」「首相には2日に報告した」と語った。

 そのうえで「次官とエネ庁長官、保安院長は含まれるか」との質問に「そう考えてもらって結構だ」と述べている。記者の「首相は了承したのか」という質問には「人事権者は私なので、首相には報告したということ」と答え、自身の進退については「私一人で決めさせてもらう」と語った。

 この会見をどうみるか。

次ページ  まず、いかにも歯切れが悪い。…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事