賢者の知恵
2011年08月17日(水) 週刊現代

史上初の大調査
著名人100人が最後に頼った病院
あなたの病院選びは間違っていませんか

週刊現代
upperline

 なぜ順天堂なのか 慶應でよかったのか---最後まで闘う人も、静かに最期を迎えたい人も、悩み抜いて選んだ。選択は間違いではなかったのか。遺族が明かす

転院した理由

 人生の最後を迎える場所は、圧倒的に病院が多い。だからこそ「最後の病院選び」は重要だ。病院の選択は、病気によっても、病人が置かれた状況によっても違ってくる。「納得できる最後」とはどのようなもので、それを果たすための病院の条件とは何だろうか。

 一概にどこが良い、どこが悪いとは言えないが、目安はほしい。そこで本誌は、「著名人100人が最後に頼った病院」の独自調査を行った。それが上の一覧表だ。

 順天堂大学医学部附属順天堂医院と、慶應義塾大学病院はともに11名の著名人に選ばれている。他にも、東京慈恵会医科大学附属病院や、東京女子医科大学病院、聖路加国際病院など、特定の大病院を頼りにした著名人は多い。

次ページ  聖路加病院を最後の病院に選ん…
1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事