経済の死角

衆参ダブル選挙をほのめかすなど暴走する
首相を実効支配する100億円の男
もはや菅は傀儡?〝ソフトバンク官邸〟
の一部始終

2011年08月08日(月) フライデー
friday
upperline
〔PHOTO〕gettyimages

 さすが〝辞める辞める詐欺〟の菅直人首相(64)である。「一定のメド」と自分で口にしたはずの第二次補正予算案が7月25日に成立したが、首相の座を明け渡すどころか、喉元過ぎた翌26日、衆院でケロリとしてこう言い放った。

「何が何でも早く解散と言うのは国民の気持ちと離反している」「私は(参院選との)ダブル選挙でいいと思っているが、国民に信を問う時は必ず来る」

 額面通りに受け取れば、2013年の夏まで辞める気はないということだ。菅首相が掲げる「脱原発」に賛成が8割弱という世論調査結果(朝日新聞)に気をよくしたのは1ヵ月半も前の話だ。与野党のほぼ全議員から嫌われても、いまだにこんな自信を漲らせていられるのは、ある人物の後ろ盾があるからであろう。

「ソフトバンクの孫(正義社長)さんが、幹部に『メタンハイドレート(注)が利用できるようになるのは、まだまだ当分先です。今は電力事業に橋頭堡を築く時です』と訓辞したと聞きます。携帯電話市場は '08年の段階で9割に手が届き、すでに飽和状態ですから、業態転換に動き出したのかもしれません。孫さんにとって、菅首相が掲げる『脱原発』が、ビジネスチャンスと映るのでしょうね」

 こう語るのは、ある経済産業省のキャリア官僚である。孫社長が、菅首相に接近したのは、ソフトバンク広報の説明によれば、月刊誌『世界』(6月号)に孫氏が寄稿した脱原発論にシビれた菅首相が東京・赤坂の料亭「球磨川」で会食をセットしたのが始まりだそうだ。政治部記者の間では、二人の間を取り持ったのは、元代議士で現在、ソフトバンク社長室長を務める嶋聡氏(53)とも言われる。

 孫氏が出席していた6月15日の「再生可能エネルギー普及」を訴えるイベントに菅首相は飛び入り参加し、「国会には菅の顔をもう見たくないという人がたくさんいる。それならこの法案を通したほうがいい」と吠え、「再生可能エネルギー電気調達特別措置法」成立を、半ば孫氏に向けてアピールした。

(注)メタンが高圧によって水と結びついて固体化したもの。新たなエネルギー源として注目度が高まっている
次ページ  この法案は、突き詰めれば「自…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事