雑誌
新作B級にはない地元の味わい
俺の好きなご当地伝統のC級グルメ

ドライブで食べにきてほしい!

 巷で話題のB級グルメ。
そのほとんどが町おこしに関わる新作だが、日本各地には地元で愛される味わい深い伝統のC級グルメがある。ということで、各界有名人に故郷のC級グルメを自慢してもらった

山形自慢のうま~い漬物、食べてみれ!

山形の風土、文化に精通する アメリカ人。タレントとして活 躍するいっぽう講演でも大忙し

 山形のC級グルメといや、まずはイナゴの佃煮だなや。オラが山形に来て、最初に出された時はそりゃぶったまげた!! 内陸じゃ魚がとれず、田んぼのイナゴは、山形人にとって貴重なタンパク源だったんだろうな。

 けど、山形の珍しい郷土料理はそれだけじゃないべ。例えば「さくらんぼ漬け」。これは形や色が少し悪くて出荷できなかったさくらんぼを、捨てるのがもったいないからって各家で塩漬けにして食べてたものなんだけんど、これが紀州の高級な梅干しにも負けねぇくらい上品な甘酸っぱさで、うめ~のなんのって!

 見た目もピンク色でカワイイし、絶対人気が出ると思うのに、山形の人は商売っ気なくて本当に宣伝ベタだなや。

 山形人は〝もったいない〟の気持ちが強くて、あまった野菜をすぐ漬物にしちゃうんだぁ。その代表がキュウリやナス、ミョウガやシソなど、いろんな野菜や薬味をみじん切りにしてしょうゆに漬けた「だし」。

野菜たくさんの「だし」

 何年か前に『はなまるマーケット』の今日のおめざでオラが紹介したら、番組の問い合わせの年間記録になったっす。そのおかげか、最近スーパーでも見るようになってきたなぁ。

 でもほかにも菜っ葉を刻んだ「おみ漬け」とか、うまい漬物がい~っぱいあるから、いっぺん山形さ来て食べてけれ!!

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら