田原総一朗のニッポン大改革

田原総一朗×夏野 剛「ITを活用しない経営者は信長に敗れた武田勝頼と同じだ」

「立ち上がれ!ガラケー日本!!」 vol.3

2010年10月27日(水) 田原総一朗
upperline

vol.1 はこちらをご覧ください。
vol.2 はこちらをご覧ください。 

 田原: せっかく夏野さんにお会いしたから、ITやネットの将来を聞きたい。

夏野: ネットとかITとか、昔、鉄が「産業の米」と言われたのと同じように、ITとかネットというのはすべての産業のインフラなんですよ。

田原: ひと頃は半導体が産業の米と言われましたね。

夏野: 言われましたね、鉄の時代から半導体の時代へと変わった。今IT技術は、サービス業を含めたすべての産業の必須ツールなんです。言ってみれば戦国時代に鉄砲が入って来たようなものなんです。これがいいとか悪いとか、副作用があるとかないとか言っていられないんです。鉄砲入ってきちゃったんだから。

 あとは、どう使うか。どう使うかのほうが大事なんです。それを、いまだにITはちょっと特別なものだとか思ってる経営者がいるとしたら、早く引退すべきですね。

田原: 自動車が入って来たのに、まだ馬車に乗ってるようなもんだ。

夏野: 鉄砲が有効かどうかは、武田勝頼と織田信長の闘いで決着はついている。

田原: 武田勝頼ってね、若い人は知らない。ちょっと説明して。

夏野: 武田勝頼さんというのは信玄の息子さん。武田家というのは、騎馬軍団というのがあって、すごい強い騎馬の・・・

田原: 馬に乗った武田の騎馬軍団は戦国最強って言われていた。

次ページ 夏野: 馬に乗って武士がわーっ…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事