雑誌
主食が危ない!
「セシウム米が食卓に上る日」

宮城県栗原市の佐藤護さんは「3・11以降に獲れた野菜は何でも食べた」と語るが、米の汚染に不安を募らせる〔PHOTO〕香川貴宏
作付けが禁止されたいわき市大久地区の田んぼ。手入れをする農家がいないため、雑草が生えて荒れ放題だ〔PHOTO〕郡山総一郎(以下同)

「肉も魚も汚染された、米だけが大丈夫な道理はない」と、農家は嘆く。
いったいどうしたらよいのだ、この現実を---。

 見渡す限り青々とした田園風景の中で、ササニシキやコシヒカリなどブランド米の産地として知られる宮城県栗原市の米農家、佐藤護さん(77)が言う。

「この時期ににわか雨がどっと降ると、一気に穂が出てくる。あと1ヵ月もすれば収穫が始まります」

 少し早い実りの秋を控えているのに、佐藤さんの表情は晴れない。栗原市や同県登米市の稲わらから暫定基準値の2.7倍超のセシウムが検出され、畜産農家だけでなく、米農家までをも混乱の渦に巻き込んでいるからだ。

「この地域では汚染米の心配をしている農家は多い。特に稲わらの収穫が遅れ、春以降も田んぼに放置していた農家は戦々恐々としています」

 登米市で畜産と稲作を営む伊藤貞幸さん(63)も、不安を隠せない。

「うちは60頭の黒毛和牛を飼っていますが、以前なら最上級のA5クラスの肉は1kg当たり2000円で売れたのに、今は1200円。A3クラスは1kg1300円から、200円にまで値が落ちた。今は出荷を自粛していますが、肉だけならまだしも、米が気になる。(原発事故以降に)野外に放置していた稲わらは牛の餌として使ったり、肥料のために田んぼに鋤き込んでいるので、『稲が(セシウムを)吸い上げてしまうのではないか』と不安に感じている農家が多いんです」

福島第一から31.5kmの距離にあるいわき市四倉の青木さん。「汚染は免れたとしても、風評被害でダメ」と嘆いた

 登米市の別の稲作農家は、「肉も魚も汚染されているのに、米だけが大丈夫なはずがない」とあきらめ顔だ。

 セシウムに汚染された疑いのある2900頭超の汚染牛が全国46都道府県に流通して国民を戦かせている。汚染牛はセシウムに冒された稲わらを食べて内部被曝した可能性が極めて高く、そうした稲わらはこれまでに福島県ばかりでなく宮城県、岩手県でも確認されている。

 となれば、恐るべき放射線の「負の循環」は肉牛だけに留まらないのではないか。これから汚染は日本人の主食に及ぶ可能性が高い―そう警告を発するのは、日本環境学会前会長で、大阪市立大学大学院の畑明郎特任教授(環境学)だ。

「原発事故が起きた3月中旬以降に田んぼに置かれていた稲わらが汚染されていたのだから、その田んぼ自体が汚染されている可能性は拭えない。米は野菜や果物などと比べてセシウムの吸収率が高く、その移行係数は0.1です」

 移行係数0.1とは、土壌1kg中に含まれるセシウムの10%が米(玄米)に移行する、決して低くない数値だ。平成22年産の水稲の収穫量(主食用)は3位が秋田県(44万300t)、4位が福島県(43万9100t)、6位が宮城県(39万1300t)、7位が山形県(38万9200t)であり、福島第一原発から半径200kmの円内に掛かるこれらの県が日本人の主食を支えているといっても過言ではない。

 北海道に次ぐ全国2位の米どころで、「魚沼産コシヒカリ」で知られる新潟県(56万9100t)も多くが200km圏内だ。気になる作付け状況を訊ねると、「風評被害の報告もなく進んでいる。水田に関しては福島と同様、国のマニュアルに沿って、作付け前に1回(土壌)、玄米になってから1回の二重チェックを行う」(新潟県農産園芸課)と話すが、この国の検査が万全でないことは汚染牛の例を持ち出すまでもない。

玄米食がより危険

 立命館大学名誉教授で放射線防護学が専門の安斎育郎氏が言う。

「これから米の汚染は必ず出てくるでしょう。なぜもっと早く土壌だけでなく、水田の検査をしなかったのか。セシウムは水溶性なので、土壌を調べるのと、水を引いた田を調べるのではまったく違う調査結果が出る可能性があります。また汚染は関東、北陸、東海地方にまで拡大しているので、広い範囲でチェックを行うことが必要です。稲が吸収したセシウムは主に玄米に留まり、籾殻や糠などに高い数値が出ます。これを精米し、白米にするとグンと落ちますが、低線量の内部被曝に弱い児童の給食などに用いられると、白血病やがんなど深刻な疾患のリスクを高めます」

「東電は何でもかんでも書類を出せと言ってくる」。94歳の若松さん(右)には、補償に必要な手続きは煩雑だ

 政府は1kg当たりの土壌中の放射線量が5000ベクレルを超える場合には作付けを禁止し、収穫された玄米の放射線量が1kg当たり500ベクレルを超える場合には出荷停止の措置をとるとしているが、徹底できるのかは甚だ疑わしいし、そもそも国の基準値は低線量の内部被曝による健康リスクを度外視した数値なのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら