中沢新一氏(宗教学者)×釈徹宗氏(僧侶)×平松邦夫氏(大阪市長)「アースダイバーで読み解く東京・大阪」 第1回なぜ大阪の街が今のような姿になったのか

左から大阪市長平松邦夫氏、僧侶釈徹宗氏、宗教学者中沢新一氏

 古代と現代の大阪の地図を手に歩き、街の成り立ちを根源から探る「大阪アースダイバー」を『週刊現代』で連載中の宗教学者、中沢新一氏。宗教・文化史に精通する僧侶であり、中沢氏の大阪歩きの水先案内人を務める釈徹宗氏。そして、大阪市長の平松邦夫氏。今年2月8日、3人は東京に集まり、「アースダイバーで読み解く東京・大阪」というテーマで語り合った。東京と大阪の本質的違いとは何か。今、大阪で起こりつつある変化の根底に何があるのか。その変化は果たしてどこへ向かおうとしているのか。

 このほぼ1ヵ月後、東日本大震災が発生。日本のありようが問われる中、東京一極集中の問題や首都機能分散も再び論じられ始めた。大阪では、「大阪都構想」を掲げる橋下徹知事が市長選への鞍替え出馬の姿勢を強め、11月には大阪市長・府知事のダブル選挙も予想される。当事者である平松市長も交えた「東京で語る大阪論」は、この半年間の変化を経てもなお、興味深い知見に富んでいる。3回に分けて紹介する。

東京と対極にある都市、大阪でアースダイビングする理由。

平松: 大阪市長の平松です。元アナウンサーですので、こういう時に便利使いしていただける立場でございます(笑)。今日は「アースダイバーで読み解く東京・大阪」という素晴らしい企画で、中沢先生、釈先生と一緒にお話ができることを本当に嬉しく思っております。まずは、お二人からお一言ずつ。

中沢: 市長に司会をお願いしてすみません(笑)。僕は今、週刊現代で「アースダイバー」の大阪版を連載しています。大阪は昔から好きな街で、東京アースダイバーの次は絶対に大阪をやろうと思ってました。大阪には旅行者として何度も行ってたんですけども、この仕事を始めるにあたっては、相当ディープに踏み込んでいかなければなりません。

 東京よりも大阪のほうがずっとディープで、足がズブズブと泥沼の中に入っていく気がするくらいです。そんな時に助けてくれる方がどうしても必要でした。そこで釈先生にお願いしました。釈先生は浄土真宗のお坊さんで、本当にいろんなことをよく知っているんです。しかも、落語家でもあります(笑)。

釈: 違う違う!

中沢: まあ、それぐらい面白い人です(笑)。二人で大阪を歩いていると、噺家と一緒にいるみたいで楽しくてしょうがありません。もう一人、平松市長は、僕がよく仕事をする内田樹さんと大変親しい方でして、まあ今の大阪を語るには、やっぱりこの人が一番面白いんじゃないかと(笑)。

平松: (笑)では、釈さんの方からも一言意気込みを。