upperline

 本調査は株式会社ブランド総合研究所(本社: 東京都港区、代表取締役社長: 田中章雄)が47都道府県を対象に、各都道府県出身者(現在の居住/非居住は問わず)に対して「愛着度」など25項目からなる調査を2010年7月2日から13日にかけて、地域ブランド調査2010と併せて今年から実施、全国3万4257人から回答を得ました。

 その結果、最も出身都道府県に愛着・誇りを持っているのは沖縄県で、出身者のうち愛着を抱いている人は約9割に上りました。次いで2位は北海道、京都府が3位と続いています。

 今年度から新たに実施した出身47都道府県に対する意識調査でこのような結果が出ました。


◆調査内容の説明◆

 本調査は、各都道府県の出身者に対して、ふるさと(出身都道府県)について「愛着度(愛着があるかどうか)」「自慢度(誇りに思うかどうか)」、「自慢(誇り)に思う要素(22項目)」など、25項目の設問で構成している。 

 「愛着度」は、出身者自身が"ふるさと"に対して感じる意識について、「自慢度」は、"ふるさと"を他者に誇れるかどうかの意識について質問している。

1位は約9割がふるさとへの愛着

「あなたは出身都道府県に対して愛着がありますか。」という問いに対して、5段階評価をしてもらいスコアを算出した結果、最も出身地に対して「愛着度」が高かったのは沖縄県で69.2点となった。沖縄県出身回答者の89.3%が「愛着がある」と回答しており、「愛着がない」という回答は0.9%と非常に少ない結果となった。

 一方で、最も愛着度が低かったのは埼玉県で25.8点だった。愛着があると回答した割合は68.0%いるものの「どちらでもない」と回答した割合が21.1%と47都道府県中最も高い割合となっている。

次ページ  愛着とは別に、出身都道府県に…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事