仕事のヒント

IT教育ベンチャー「ピスチャー」と品川女子学院中学がコラボ「iPhoneアプリ開発」教室を開催

2011年08月02日(火) 「仕事のヒント」取材班
upperline

 中学、高校生に向けたIT教育を手がけるベンチャー企業、ピスチャー(本社:東京都渋谷区、代表:水野雄介)は、品川女子学院中学校(校長:漆紫穂子)と協力し、コラボレーション企画 『女子中学生がiPhoneアプリを開発』を、8月2日(火)〜6(土)の5日間、慶應義塾大学SFC校舎にて開催する。

 企画開発するのは、『お弁当アプリ』。

 品川女子学院の9月の文化祭クラステーマ「お弁当」に合わせ、参加を希望した同校の学生7名がチーム単位で開発を行う。チームには、同世代の灘中学、早稲田中学生も「助っ人」として参加。開発したiPhoneお弁当アプリは、品川女子学院文化祭で発表されるほか、「アプリ甲子園」にも出場し、Appstoreでの公開を目指します。

 このプロジェクトは、中学生、高校生を対象としたiPhoneアプリ開発やゲームデザインなどの最先端の技術の習得と創造性の育成を目指したシリコンバレー型IT教育プログラム『Life is Tech!』(ライフイズテック)の一環で行われる。

 (協賛:慶應義塾大学SFC 村井・中村、徳田・中澤研究室)

 ライフイズテックhttp://pieceture.com/life-is-tech/とは、夏休みの期間を利用し、一般の中学生、高校生を対象に、【iPhoneアプリ開発】 【ゲームデザイン】【FLASHアニメーション】など最先端の技術を学ぶサマーキャンプ。米シリコンバレーのスタンフォード大学などで行われているテクノロジーサマーキャンプにおける教育法をモチーフとし、東京大学馬場研究室やデジタルハリウッド大学と共催する。3〜5日間に渡り、子供たちが最新のIT技術に実際に触りながら、技術の習得とともに、創造する力を伸ばすことを目指す。

 なおピスチャー社では、7月28日(木)から開催された「3Daysキャンプ@東京大学福武ホール」を皮切りに、8/26(金)まで毎週行っている。

 現代ビジネスではピスチャーと共催で「親のためのスマートフォン講座」を8月11日に開催します。詳細、申し込みはこちらからお願いします。


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事