Facebookはビジネスにどう使える?事例で学ぶ企業活用 (後編)
「ミニウェブサイト化」するファンページ

前半 はこちらをご覧ください。

 前編では、海外では多くの企業がFacebook上に「ファンページ」を開設していること、ユーザーは企業ウェブサイトではなくFacebook上で時間を消費していること、それを受けて企業は「ファンページ」を「ミニウェブサイト」化していることを紹介しました。

 後編ではもう少し踏み込み、企業がどのようにFacebookを活用しているかを読み解いていきます。

ファンページ上でショッピングができる

友人の分の映画鑑賞チケットが購入できるpixarのファンページ

 Facebookにはショッピング機能も実装されており、企業はファンページ上で商品を販売することができます。

 例えばデルタ航空のファンページでは航空券を、1-800-Flowersでは花を、パンパースではおむつを、Facebookを離れることなく買うことができます。従来自社ウェブサイトでやっていたEC機能の提供を、Facebook上で完結させているのです。

 映画会社Pixarは、「Facebookならでは」のショッピング体験を提供しています。

 2010年10月13日現在、Pixarのファンページ上では、トイストーリー3の映画チケットを購入することが可能です。ここで面白いのは、Facebook上の友達のチケットも同時に買うことができることです。「No friends left behind(誘い忘れはもうないよ)」というキャッチコピーが印象的です。

 Facebookはそもそも友人とのネットワークのために作られたサービスです。Pixarのように、オンラインショッピングという行為に「友人」を絡めてくる取組みは、今後も増えてくるでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら