永田町ディープスロート

郷原信郎氏×魚住昭氏
「主任検事逮捕! 証拠改竄! 特捜神話の崩壊」(後半)

2010年10月19日(火)
upperline

前半 はこちらをご覧ください。

魚住 それから、少なくとも刑事責任がどこまで及ぶかっていう話が一つありますね。前特捜部長とか、そのへんにまで及ぶかどうかっていう。それから、行政的な責任、監督責任がどこまで及ぶかっていう問題と、この二つありますね。

郷原 それが区別されてないんですよ、この話が。昨日あたりの、大坪(弘道)前部長、佐賀前副部長の話も区別ができてないんですよ。分かる気はするんです。

 検察の組織内の問題としては、刑事責任の問題がどうのこうのというよりも、まず自分たちの仕事は基本的に起訴すること、そして公判で有罪にもっていくこと、そういう方向でしかものを考えてないんですよ。

 今回の改竄の問題の報告を受けたときに、地検の幹部、検事正、次席にどういう報告をしたのかっていうことが新聞に出ていますよね。「問題ありません」と報告している。

 この「問題ありません」って、どういう意味かっていったら、「有罪立証に問題にはなりません。差し支えありません」と、こういう意味なんですよ、多分。

魚住 ああ。

郷原 われわれは問題があるかないかは、組織としてそれでいいのか、そういう事実が出てきて、それをちゃんと公表して世の中に対して謝罪しなくていいのか、という観点から考えますよね。

 そういう観点じゃないんですよ、あの検察の中にいると。問題がないというのは、公判に支障があるかないかと、こういう話なんですよ。

 だから、みんなその範囲内で共通言語として検察の内部では通用するんですよ、次席も検事正も高検も。しかし世の中にはそれは通用しないんです。

魚住 なるほど。

郷原 今、社会が問題にしているのはその部分ですよね。なんでそんな問題があるんだったら、分かったんだったら、ちゃんと公表しなかったのか。で、それを言ったのがその女性検事なわけですよ。

 その女性検事が、社会的に見て許されないということをちゃんと思ったっていうのは、やっぱり検察の組織内部にもちゃんとした人がいるっていうことですよね。

次ページ 魚住 でもその公判部の検事は、…
1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事