「円高無策」の日本は蚊帳の外 「基軸通貨」を狙うユーロと中国「連携」の動き
G20の裏側で何が起きるのか

 10月22、23の両日、G20の財務相・中央銀行総裁会議が韓国・慶州で開かれる。そこで、通貨が話題になっている。マスコミは通貨安競争との「言葉」に弱く、相変わらずさかんに煽っているが、その本質の理解へはほど遠い。

 通貨安戦争という言葉の裏に何があるのかは、先週の本コラムを参照してもらいたい。また、目先の円ドルレートが史上最高値の95年4月19日の79円75銭を超えるかどうかに関心が集まっている。

 こうした状況で、まったく信じがたい発言がでてくる。16日、日曜日朝のNHKの討論番組を見ていて出席者の事実認識には驚かされた。例えば、出席者の一人である大田弘子元経済財担当相は「円高ではなくドル安である」とし、「日本側の政策で対応できない」と発言した。これは事実とちがう。

 以下の図をみてほしい。米ドル、加ドル、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、香港ドル、ニュージーランドドル、韓国ウォン、メキシコペソ、人民元に対する円のレートを、リーマンショックの前に2007年1月を基準として表したものだ。これを見ると、円はすべての通貨に対して高くなっており、まさしく「円高」だ。

 次の図は、加ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、香港ドル、ニュージーランドドル、韓国ウォン、メキシコメソ、人民元に対するドルのレートを表している。明らかにドル安になっているのは、加ドル、日本円、スイスフラン、豪ドル、人民元だ。ユーロ、ニュージーランドドルはややドル安、ドルペッグの香港ドルはほぼ同じ。英ポンド、韓国ウォン、メキシコペソは逆にドル高だ。これらを見ると、完全に「ドル安」とは言い切れない。