田原総一朗×夏野 剛「カネ、人、技術の揃ったニッポン企業はこうやれば浮上する」
立ち上がれ!ガラケー日本!! vol.2

vol.1 はこちらをご覧ください。

田原: この20年、日本が完全に落ちこぼれたといわれます。それについてはいろんな統計があるんだけど、スイスのある機関の調べでは、1990年には日本の国際競争力は世界で第1位だった。それが今27位に落ちてしまった。あるいは、2000年には日本の一人当たりのGDPが世界で3位だった。それが23位に落ちてしまった。なんでなんですか?

夏野: 日本に対しての悲観論はたくさんあります。だけれど、僕は楽観視してるところがあるんです。

田原: そこが聞きたい、一番。

夏野: それは何かと言うと、経営の三種の神器は何って考えるんですよ。そうすると、まずお金ですよね。だいたい企業が何かやろうとすると、どうやってお金を集めるかが大事なんですね。

 これを海外から集めるってすごく大変なんですよ。日本は1400兆円の個人金融資産というのが国内にある。

 これがほとんど銀行に預けられちゃってるんですけど、もうちょっと、たとえば100兆円でも株式市場に来たり、あるいは新しい技術に来たらすごいことになりますよ。お金があるってことですよね。

田原: それに幸いなことに円高でしょう。円高ってのは、集められれば海外からなんでも買えるわけですよね。

夏野 剛iモードの父と呼ばれ、NTTドコモの独走時代を牽引しながら、その後、退職。現在はドワンゴ取締役などとして経営者、そして論客として活躍する

夏野: まず、お金は国内にある。たしかにベンチャーの人が集めようと思うと、なかなか集まんないですよ。でも、少なくとも国内にあるっていうのはすごいアドバンテージですよ。

 それに二番目は人材です。日本の教育レベルが下がったとかいろいろ言う人がいますけど、僕も海外で運営したことあるんで言えますが、日本だけなんですよ、経営者が「従業員さぼるんじゃないか」って、あんまり考えなくていいのは日本だけなんです。

田原: そりゃそうだ、みんな働いてる。

夏野: アメリカとか中国行くと、みんな指示出してないとすぐ違うことやってるんですよ。で、「なんで違うことやってるんだ」と言うと、「だって指示受けてないもん」と言っちゃうんです。指示しないと、3時に帰っちゃいますよ。

 ところが、ニコ動のエンジニアもそうなんですけど、日本人はほっとくと深夜まで働いてるんですよ。指示しないと仕事探すんですよ、一生懸命。こんなすごいは国ないですよ。