トヨタ自動車代表取締役社長豊田章男氏が語る
「G'S、GRMNそしてスポーツカーが進む道」
英国大使館の中で豊田章男社長を直撃。 荘厳なクラシックが流れるなかたっぷり お話を伺いました

 9月18日午後1時、豊田章男社長が我々の前に現われた。英国大使館にてロータス本社よりエリーゼを1台プレゼントされ、その贈呈式に出席するためだ。

 登場とともに周囲からいっせいにたかれるフラッシュ。

 笑顔で応える豊田社長。なぜ豊田社長にエリーゼがプレゼントされるのか。その経緯はP.6に譲るとして、問題はその式典のあと。

 いくつかの質問に答え、思いを語ってくれるという。こんなチャンスを逃すわけにはいかない。トヨタ自動車のトップ(しかも本誌の熱心な読者)に、聞きたいことを聞きまくろうではありませんか!!

期待のGRMN、今後の展開は?

 まず本誌が最も気になるのはG'sとGRMNの動きだ。トヨタの大きなスポーツカー戦略については本誌スクープ班が10/26発行ベストカーP.7~より報じているが、それとともにもっとコアなクルマ好きに向けて動いているGAZOOレーシング直轄のプロジェクト。

 特にGRMNは本誌が追い続けているハイブリッドスポーツコンセプト、FRホットハッチなど、クルマ好きをわくわくさせるラインアップを用意している。まずはこのクルマたちの動きについて、存分に語っていただきたい。

★     ★

記者 初めまして。ベストカーと申します(勝股、宇井等は会っているが記者は初対面)。

豊田章男社長(以下豊田社長) これはいつもいつもありがとうございます(意味深にニヤリと笑う。ちょっと怖い)。

記者 9月26日に弊誌の読者感謝イベントを実施するのですが、そこで御社にご協力いただき、GRMNの4台を展示させてもらいます。

豊田社長 聞いてます、聞いてます。一部の車種は走らせるんですよね? 

記者 ええ、そうです。そこでですね、G'sは先日ノア/ヴォクシーがめでたく発売されました。しかしGRMNのクルマは昨年9月に限定100台でiQ〝GAZOO Racing tuned byMN〟を発売したきりとなっています。GRMNでクルマを作って売る、というプロジェクトは間違いなく動いているんですよね?

豊田社長 えー・・・ご心配をおかけして申し訳ありません。まずGRMNというのは、クルマができたから、すぐ号口(市場で販売するようになった量産車のこと)になるというプロジェクトではありません。まず面白そうなコンセプトがあればそれを作ってみよう、ということです。

 クルマができて、オートサロンという皆さまにお見せする機会があり、またジャーナリストの方に乗っていただく機会があれば乗っていただき、市場の反応を見ていく、というようなことでやっております。

 ですから我々としましても、もっともっと皆さんのほうから「こういうクルマ出しなさいよ」と言ってくだされば、我々も発売に向けて動きやすいわけです。