2010「プロ野球人事録」取って出しッ!
解雇、粛清…歴史的大激戦のウラで死屍累々、
悲喜交々のドラマが進行中

FORZA STYLE
中日・落合博満監督がこんなにハシャぐ姿は貴重。聞けば、Vのこの日まで願掛けで禁酒していたのだとか

[写真:上本正春 桑田 真]

 歴史に残る大混戦は阪神の自滅で幕が下りた。ソフトバンクと中日。本誌予測どおり(9月24日号)である。

 だが、終わりは始まり。「ドラゴンズ優勝」の話題を予想外のニュースが奪うのだった。「横浜ベイスターズの身売り」である。

 戦いが激しかったぶん、その反動もまた大きい。兵どもが夢の跡に迫る。

横浜は解体的出直しへ

 スポーツ紙デスクが解説する。

「日清食品HDやノジマなど、数社の名前が挙がっていますが、身売り先の本命は住生活グループ。ただ、話が表面化したことで万が一、破談になったら、大変なことになりますよ」

 今回、横浜の身売りをスクープしたのは「週刊文春」。いかにもキナ臭かったのが、巨人・渡邉恒雄会長が登場したタイミングだ。日ごろから「イエロージャーナリズム」と週刊誌を蛇蝎の如く嫌う同会長が、あろうことか文春発売当日に横浜の身売りを報じた記事内容を肯定したのである。球界関係者がスポーツ紙デスクの話を引き継ぐ。

横浜ベイスターズ身売り問題についてコメントする巨人・渡邉恒雄会長。「(親会社の)TBSは苦しいんだよ」

「夢である1リーグ制の実現に利用してやろうと思っているんでしょう。巨人の人気にオンブにダッコの横浜とヤクルトを切り捨てて、10球団による新リーグを結成すべく、読売は10年前から動いていましたからね。

 ガラガラの神宮球場を見れば一目瞭然ですが、ヤクルトも経営状態は相当厳しい。次期監督を荒木大輔コーチではなくギャラの安い小川淳司監督代行にしたもの、『カネがないからだろう』ともっぱらの噂ですからね」

 希望の光もなくはない。

「報じられているように、ネックになっているのが、年間8億円にものぼる横浜スタジアムの使用料です。

 会社としての横浜スタジアムを仕切っているのはAという地元企業で、前身の大洋ホエールズ時代からの株主。同社の社長は横浜高の渡辺元智監督の仲人を務めた人物。

 横浜高のOBが多いベイスターズにとっては頭が上がらない存在なんです。ただ、現行の契約は今シーズンで終了しますから、身売りをチラつかせ、安い価格で契約更新できれば、横浜残留の目も出てくる」(ベイスターズ職員)

100敗こそ免れたものの、二ケタ失点試合の数でワースト記録を更新。試練の1年目となった尾花髙夫監督

 かくして球団消滅は避けられたとしても、身売りとなれば寂しい展開になることは間違いない。横浜番記者の話。

「まず、尾花髙夫監督が解任されるでしょう。試合中やミーティングで居眠りしたり、挨拶しても無視するなど、チーム内での"トンデモぶり"が顰蹙を買っていましたからね。だいたい、新球団の『顔』が尾花監督では、地味すぎる(笑)」

 退団しそうなのは監督だけではない。"ヒットマン"内川聖一外野手はFA権の行使が濃厚。移籍先には広島、そして巨人の名が挙がっている。

今オフのFA市場の目玉となる横浜・内川聖一外野手。新妻・長野翼アナ(左)が好きな広島も移籍先候補!?

「先輩・石井琢朗がさかんに声をかけていますし、内川の奥さん・長野翼アナは両親ともども大のカープファン。

 ただ、広島移籍となれば単身赴任。内川は嫁さんと離れて生活するのが嫌らしく、そこにつけ込んできたのが巨人です。

 WBCで内川とのルートを作った原辰徳監督がラブコールを送っています。ポジションは外野ではなく、過去に守っていた二塁。巨人で唯一、穴があるところですね」(スポーツライター・臼北信行氏)

 主砲の村田修一もFA権保持者。こちらは地元・福岡でのプレーを望んでおり、ソフトバンク移籍が有力視されていた。

9月29日、甲子園で阪神に破れ、V4の夢が潰えた直後の原辰徳監督。最後まで先発陣を立て直せなかった

「ホークスもサードを守れる大砲を欲しがっていたのですが、今季、若手の松田宣浩が急成長したことで状況が変わりつつある。村田は年俸も高いですしね。王貞治会長が『いらん』と言ったという情報もあります。金髪だとかハデなソリコミだとか"漢ヘア"にこだわっていた村田が最近、黒髪に戻しているところを見ると、巨人を意識しているのかも(笑)」(在京球団編成担当)

 元主砲の佐伯貴弘内野手に戦力外通告したのはまだしも、球団が大洋&横浜で33年働いた田代富雄二軍監督を突然、クビにした経緯にも疑問の声が上がっている。別の横浜番記者が語る。

「功労者の田代さんに広報行きを打診したのにも呆れましたが、後任が1年でダメ出しされた島田誠一軍ヘッドコーチだというから、脱力するしかない。何を目指したいのか不明ですよね」

「そして誰もいなくなった」状態になりそうな横浜。解体的出直しをするには、かえって好都合かもしれないが・・・。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら