2010「プロ野球人事録」取って出しッ!解雇、粛清…歴史的大激戦のウラで死屍累々、悲喜交々のドラマが進行中

2010年10月17日(日) FRIDAY
upperline
100敗こそ免れたものの、二ケタ失点試合の数でワースト記録を更新。試練の1年目となった尾花髙夫監督

 かくして球団消滅は避けられたとしても、身売りとなれば寂しい展開になることは間違いない。横浜番記者の話。

「まず、尾花髙夫監督が解任されるでしょう。試合中やミーティングで居眠りしたり、挨拶しても無視するなど、チーム内での"トンデモぶり"が顰蹙を買っていましたからね。だいたい、新球団の『顔』が尾花監督では、地味すぎる(笑)」

 退団しそうなのは監督だけではない。"ヒットマン"内川聖一外野手はFA権の行使が濃厚。移籍先には広島、そして巨人の名が挙がっている。

今オフのFA市場の目玉となる横浜・内川聖一外野手。新妻・長野翼アナ(左)が好きな広島も移籍先候補!?

「先輩・石井琢朗がさかんに声をかけていますし、内川の奥さん・長野翼アナは両親ともども大のカープファン。

 ただ、広島移籍となれば単身赴任。内川は嫁さんと離れて生活するのが嫌らしく、そこにつけ込んできたのが巨人です。

 WBCで内川とのルートを作った原辰徳監督がラブコールを送っています。ポジションは外野ではなく、過去に守っていた二塁。巨人で唯一、穴があるところですね」(スポーツライター・臼北信行氏)

 主砲の村田修一もFA権保持者。こちらは地元・福岡でのプレーを望んでおり、ソフトバンク移籍が有力視されていた。

次ページ 「ホークスもサードを守れる大砲…
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事