田原総一朗×夏野 剛「立ち上がれ!ガラケー日本!!」 vol.1
「ガラパゴス化は通信方式が原因?ぜんぜん違いますよ!」

編集長: 夏野さん、今、名刺をいただいたら慶応大学教授の名刺ですね。肩書きがいくつもあるので、どの名刺を出されるのかと思ってたんです(笑)。

夏野 剛iモードの父と呼ばれ、NTTドコモの独走時代を牽引しながら、その後、退職。現在はドワンゴ取締役などとして経営者、そして論客として活躍する

夏野: 最近は大学の名刺ばっかり使ってるんですよ。今日の対談の内容もですね、ドワンゴの取締役だと言えないこととかもね、慶応の教授だと・・・。

田原:なんでも言える(笑)。 こりゃいいや。

夏野:前にいた会社の悪口言うつもりはないんですけど(笑)。

田原:いや、大ヌケですよ、NTT(ドコモ)は。僕は、大星(公二・NTTドコモ元代表取締役会長)さんをよく知ってるんですが。

夏野:ああ、はい。

田原:ねえ、夏野さんはドコモがiモードを開発したときの中心スタッフだったんですよね。

夏野:ええ。ビジネスモデルとかコンテンツは全部私が責任・・・。

田原:なんで失敗したんですか?

夏野:iモードがですか?!

田原:はい。大失敗だと思う。

夏野:大成功ですよ。

田原:大失敗だと思う。

夏野:えーと、でも去年1兆5000億円稼ぎましたよ。

田原:だけど、1兆なんてたいしたことないですよ。もっというと、iモードというのはね、あの当時の世界最高の水準。今もそうですよ。

夏野:そうですね。

田原:当然、だから世界の最高水準なら、世界の標準になるべきだった。ホントは、ドコモのiモードが世界中で売れなきゃならなかった。なんで売れなかったんですか。

夏野:それは、2つ観点があるんです。1つは何かっていうと、まずドコモっていう会社は免許を持ってる通信事業者なんですね。これが世界にビジネスを展開するっていうことは、世界中に電話機を売るだけじゃビジネスにならないんです。

田原:iモードを世界標準にすればいいんでしょう。

夏野:実をいうと、テクノロジーとしては標準になったんです。

田原:でも世界中、みんなドコモじゃないでしょう?日本の携帯は日本でしか売れてない。こんな情けないことない。なんでなんですか?

夏野:まず2つ考えなきゃいけないです。

田原:はい。