upperline

 横浜市の赤レンガ倉庫イベント広場で10月1日、ドイツ・ミュンヘンで行われているビールの祭典を再現した「横浜赤レンガ オクトーバーフェスト2010」が開幕した。今年で8回目の開催で、10月17日まで実施される。入場料は200円。

 「オクトーバーフェスト」は、ドイツ・ミュンヘンの世界最大のビール祭り。1810年以来、毎年開催されており今年で200周年を迎える。横浜は日本のビール発祥地であると同時に、イベントが実施される「赤レンガ倉庫」は、来年2011年に創建100周年を迎えるドイツ建築の歴史的建造物。

 今回の横浜オクトーバーフェストはミュンヘンとほぼ同時期に行われる。期間中は大型のテントが設置され、ミュンヘナーヴァイスビール、ギネスビール、ハイネケン、キルケニー、横浜ビールのピルスナー、アルト、IPA、Samurai(侍)、サッポロ生ビール、琥珀エビス、キリンラガービールなど、さまざまなビールが提供される。

 オクトーバーフェストは、世界各地(米国やカナダ、ブラジル、オーストラリア、香港など)のドイツからの移民の多い土地や、ドイツ村のような場所で地域おこしのイベントとして本場ミュンヘンを真似て開催されてきた。

 日本でも数十年前から小規模なオクトーバーフェストが行われてきたが、2003年に屋外で大規模に行うオクトーバーフェストが横浜市の横浜赤レンガ倉庫前広場で開催され、それ以来、仙台市、東京都、上越市、松本市、静岡市、福岡市などでも開催されている。

 このイベントには、毎年各地から大勢の来場者が訪れ、大きな盛り上がりを見せており、今年の来場者は約8万5000人にのぼると予想されている。

関連情報:横浜赤レンガ オクトーバーフェスト2010
 


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事