検察大崩壊 特捜部「証拠改ざん」詰め腹を切るべき司法権力者たち
この期に及んでも「どのポストまで責任
を取らすか」で揺れる、呆れた厚顔
最高検察庁・検事総長 大林 宏(63) 〔PHOTO〕結束武郎

 証拠を改ざんすれば、有罪にできない事件などない。「検察は正義」というマインドコントロールが解ける日が来た―。

 大阪府枚方市の公務員官舎で、前田恒彦容疑者(43=証拠隠滅容疑で逮捕、以下「容疑者」は略)は暮らしていた。大阪地検特捜部を担当する記者であれば、いわゆる"夜討ち朝駆け"のために一度は足を踏み入れる施設であろう。

 特にシナリオ通りの供述を引き出す"割り屋"で、特捜部内で部長、副部長に続くヒラ検の筆頭格である前田が住む最上階の一室は、メディアにとり重要な訪問先であった。ある大阪地検担当記者が振り返る。

「彼には小学生のお子さんがいました。共用の踊り場のスペースに、子供用の自転車が置かれていたのを憶えています」

 厚生労働省の村木厚子元局長(54)の無罪が確定した郵便不正事件で、前田が犯した押収資料の改ざんという犯罪行為は、検察組織を基盤から揺るがす前代未聞の不祥事となった。あらためて検察が描いたシナリオを説明したい。

 厚労省が実体のない障害者団体に対し、郵便割引制度の適用を認める偽の証明書を発行したという郵便不正事件で、検察は村木元局長を証明書発行の「指示役」と設定した。

 村木元局長が証明書作成を指示したとされる日(6月上旬)と、作成文書の入ったフロッピーディスク(FD)の更新日時の矛盾をなくすため、前田は日時の情報を変更するソフトを使用して、FD上に記録された最終更新日時を書き換えた。

 同僚検事に「FDに時限爆弾を仕掛けた」などと、自らの犯罪行為が"巨悪"を滅ぼすための仕掛けであるかのような、勘違いも甚だしい一言を残して―。

「公表しないなら、私が検事を辞めてでも公表します」

 前田の不正を知って特捜部の前副部長である佐賀元明(49=現・神戸地検特別刑事部長)に詰め寄った検事は3人いた。そのうち「涙さえ浮かべていた」(大阪地検担当記者)という塚部貴子検事(41)の住まいは、部屋番号で前田と二つ違い。同じフロアのご近所同士だった。皮肉なものである。