検察審査会に小沢起訴を議決させた「疑わしきは法廷へ」という「空気」

審査補助員弁護士「選抜」の仕組みにも難点
この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら