Facebook元CTOがスタートしたQuoraがQ&Aサービスに革命を起こす

 1998年、私達の「知りたい」という欲求に答えることを目的として、Googleの検索エンジンは誕生しました。そして検索エンジンの存在によって人間のライフスタイルは確かに豊かになりました。しかし、現状の「検索」という行為は私達のニーズに本当に「的確」に答えているのか・・・?

 そんな問いを抱いたのはFacebook共同創業者、そして同社元CTOのAdam D'Angelo氏でした。同氏は2008年にFacebook社を抜け、Quoraという新しい形のQ&Aサービスを2009年にスタートしました。このスタートアップは「ただの」Q&Aサービスではありません。

 従来のYahoo AnswersのようなQ&Aサイトは質問されたトピックにある程度詳しい人間が答えてくれましたが、そこでは良い答えもあれば、的外れな答え、そして時にはユーザー間で中傷が起きることも多々ありました。

 Quoraのセールスポイントは、非常にシンプルなインターフェース、Q&Aを通したソーシャル性、そして何より実名でハイクオリティーな回答提供にあります。今年3月にはBenchmark Capitalから約11億円の出資*を受け、現在市場価値80億円相当*と言われるQuoraというサービスについて、本日はご紹介したいと思います。

驚くほど、ダイナミックでスピーディーなQ&Aサービス、それがQuora

 Quoraの主な特徴の一つはそのシンプルさ。サービスにログインすると、まずは自分の興味のあるトピックや、気になる友達を選択出来ます。例えば私の場合は、「Entrepreneurship」「Technology」といったジャンルを選択します。

 またTwitterアカウントでログインした場合は、Quoraを既に使用しているTwitterフォロワー一覧も紹介してくれます。そしてサイトにアクセスすると、ログイン時に自分が選択した分野に関する他ユーザーが投げた「問い」の一覧が、タイムラインで表示されます。インターフェースはFacebook調で非常にすっきりしていて分かりやすいものになっています。

 そしてここからがQuoraの醍醐味。 質問一覧の中から気になる問いを適当にクリックした瞬間誰もが驚くこと、それは質問に対する回答の「圧倒的な質」です。参考になるというレベルを超えて、自分が以前から尊敬をしていた専門家が質問に答えてくれます。もちろん、こういった専門家がいる場に自分から質問を投げることも可能。

 例えば、「何故Facebook社員の多くは、FoursquareではなくGowalla(位置情報サービス)を好んでプレーするのか?」という(ある意味マニアックな)問いに対して、答えを提供しているのはFacebook元社員2人、そしてFoursquareへ出資をしている投資家を含めた3人。

参考リンク:
*Quora Crunc Base Profile
http://www.crunchbase.com/company/quora

 
*元Facebook幹部が新サービス、Web検索のすき間を埋める『Quora』公開
http://journal.mycom.co.jp/news/2010/06/23/008/index.html