サッカー
「なでしこ世界一」の快挙にあらためて思う、日本代表はコパ・アメリカに出場すべきだった

努力と苦労の果てにつかんだ栄光
新たな歴史を築いたなでしこジャパン〔PHOTO〕gettyimages

 なでしこジャパンが、新たな歴史を築きました。先ごろ行なわれたFIFA女子ワールドカップで、初優勝を飾ったのです。

 FIFA(国際サッカー連盟)主催の大会における最高成績は、1999年のU-20ワールドカップの準優勝でした。小野伸二、高原直泰、稲本潤一、小笠原満男、本山雅志といった個性的な選手が、フィリップ・トルシエ監督のもとに集まりました。

 私はこのチームにコーチとして参加していましたので、世界大会で優勝することの大変さは理解しています。彼女たちが成し遂げた偉業の裏側には、語り尽くせない努力と苦労があったと。

言い訳や妥協を許さない雰囲気

 6月27日のグループリーグ初戦から、なでしこジャパンは中3日のペースで6試合を戦い抜きました。

 試合を重ねるごとに、疲労は蓄積していく。ケガをしてしまったり、古傷が悪化することもある。移動も強いられる。肉体的にも精神的にも、相当なストレスを抱えていく。どこにも痛みを抱えていない選手なんて、おそらくひとりもいない状況です。

 しかし、対戦相手のレベルは上がっていく。条件はどんどん厳しくなっていくのです。前述のU-20ワールドカップでは、コーチの私でさえ5キロも体重が落ちました。

 そうしたなかで重要なのは、「人間としての強さ」です。ベスト8だ、ベスト4だという達成感に浸ることなく、3日後のゲームに向けて自らを奮い起たせていく。

 自分たちには、まだやることがある。もっと先を目ざすんだ。

 一人ひとりが抱く勝利への意欲が、チーム全体の推進力となる。自分自身にもチームに対しても、言い訳や妥協を許さない雰囲気が出来上がっていくのです。

 しかも、準々決勝では開催国ドイツと対戦し、延長後半に決勝ゴールを叩き出しました。アメリカと激突したファイナルも、2度のビハインドをはね除けています。体力が消耗しても活動量が落ちず、なおかつ技術の精度を保っていくことができていました。先行逃げ切りではなく、終盤の得点で試合を決定づけていたのは、世界チャンピオンにふさわしい地力を身につけていたからでしょう。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら