官邸占領! 陰の総理・「赤い後藤田」仙谷由人 でござる
ブレる菅を2時間説教
永田町に「新・妖怪」現る 
つのまにか、並ぶ者のない圧倒的な権力者に

 「自分以外はすべてバカ」。彼はそう思っている。もちろん菅首相も例外ではない。宿敵・小沢一郎を追い落とし、もはや敵する者はいない。「仙谷支配」の幕開けだ。

「長妻は野党がふさわしい」

 菅直人首相が小沢一郎元幹事長を打ち破り、新内閣を発足させた当日のこと。

 勝者の陣営に属していながら、いきなり奈落へと突き落とされた人物がいる。厚生労働大臣をクビになり、党筆頭副幹事長に「降格」された長妻昭氏だ。

「いや、私はそういうのは全然、気にしないから。関係ないから。ある意味で、動きやすいというか・・・。政府じゃないけど、党改革でいろんなこともできるというか・・・。うん」

 目を泳がせながらそう語る長妻氏。「更迭」は寝耳に水だった。厚労相交代が明らかになった後、首相補佐官として官邸入りするとの噂も流れたが、それも結局潰れ、筆頭副幹事長へと左遷されることになった。長妻氏は動揺していた。

 民主党政権の人気閣僚の一人だったはずの長妻氏を、いともたやすく切り捨てた男。それが、仙谷由人官房長官である。

 長妻氏がなぜ飛ばされたのか、それは後述しよう。いずれにせよ、9月17日に発足した改造内閣において、菅首相は「何一つ」決めてはいない。大臣・副大臣・政務官の3役、党の各種委員長ポストから、今後の政策の方向性まで・・・。決めたのは、すべて仙谷官房長官だった。

 菅首相は小沢氏という強大な政敵を打ち破るため、反小沢派の担ぐ御輿に乗った。そして敵を斃すことには成功した。ところが気がつくと、自分が主であるはずの官邸は、別の人間に占領されていた。手足は糸に縛り付けられ、自由に動かすこともままならない。

 ではその糸を、裏で傀儡師のごとく操っている者は誰なのか―それこそが、仙谷氏その人である。

 魔物が巣くうという権力の中枢は、これまで数多の「怪物」を生み出してきた。権力の旨味を一度味わうと、容易にはその危険な誘惑から逃れられない。