写真速報!松井秀喜が日米通算500号本塁打を達成した瞬間

〔PHOTO〕gettyimages
〔PHOTO〕gettyimages

 故障に苦しんだゴジラがついに歴史的な快挙を達成した。

 メジャーリーグ、オークランド・アスレチックスの松井秀喜外野手(37)は20日(日本時間21日)、日米通算500号本塁打を記録した。松井選手はデトロイトでのタイガース戦に4番指名打者で先発出場。6回無死の第3打席で今季7号となるソロ本塁打を放った。右翼ポールを直撃した一打は、歴史的な一打となった。

 松井選手はプロ19年目(日本10年、米国9年)で、巨人時代に332本、メジャーでは168本の本塁打を記録。日本プロ野球での通算500本塁打は、王貞治(巨人)の通算868本塁打を筆頭に過去8人が記録している。松井選手は4月3日に日米通算2500安打も達成している。