田原総一郎×郷原信郎 緊急対談「検察の失墜」 第2回

vol.1 はこちらをご覧ください。

田原:村木厚子さんの裁判では、弘中(惇一郎)弁護士を中心とした弁護団の非常に適切な弁護があったと郷原さんは指摘しています。そこを聞きたい。適切な弁護って、例えばどういうことですか。

郷原:やっぱり、まず村木さんに「自白」をさせなかったことです。これはなかなか簡単なことじゃないんですよ。

田原:逮捕・勾留期間は164日間に及んでいます。

郷原:そこです。それは弁護団が適切に弁護して、村木さんにちゃんと、どういう供述をしたらどうなると、この裁判というのはこうなるんだ、ということをちゃんと理解させて、そして村木さんをちゃんと励まして、接見で。

 そういう努力があったから村木さんが「自白」しなかったんです。嘘でも自白をしてしまうんですよ。それはもう今までにもいろんな冤罪事件がありました。

田原:足利事件がいい例で、足利事件の菅家(利和)さんは、幼稚園の女の子を殺したという罪で17年入っちゃうんだけど、捕まってその日のうちに自白させられちゃうんですね。

郷原:まあ、ああいう事件とまたちょっと違うんですけどね。というのは、ああいう事件っていうのは、そういう非常に性格的に弱い人などが心理的に追い込まれて自白をするわけです。でも、自白をしたからといって釈放されるわけでもなんでもないんですよ。自分にプラスになることは何一つないんですよ。菅家さん、17年もその身柄を拘束されたわけですから。

田原:なるほど。

郷原:しかし特捜検察の事件の場合は、ずっと「事実はない。無罪だ」って言い続けたら、間違いなく、村木さんもそうですけども、拘留は延びるわけですよ。簡単に事実を認めたら、場合によっては20日で出して貰えるかも知れない。

 しかもそれだけじゃない。検察の捜査が、どんどん、どんどん、いろんなところに及んでいって、家族、知人、親類縁者もいろんな迷惑を受ける。そして場合によっては、企業の人であれば、会社がひょっとすると潰れるんじゃないかと思うところまで追い詰められる。

 そういういろんな不利益が生じるぐらいだったら、嘘でもいいからもう認めてしまおう、ということで自白をする可能性があるんですよ。