あなたは寄付を行いますか?寄付を身近にする"JustGiving"
CSRへの活用も

 皆さんは「寄付」を日常的に行いますか?

(画像出典:東京新聞)

 多くの人は、この質問に対してNOと答えざるを得ないでしょう。かくいう私自身も、寄付という行為はせいぜい年に数回行うか、といったところです。

 2002年に行われた調査によれば、日本の寄付金の総額は、金額ベースで見ると米国の3%程度です(図)。特に個人による寄付は少なく、米国と比較するとなんと1%にも及びません。

 資金不足を要因に、寄付金に頼らざるを得ない非営利組織が十分な活動をできないことは、これからの社会を創っていく上での課題となるでしょう。「寄付」という行為をもっと身近にする必要があると私は考えています。

 寄付を身近にするためには、一体何が必要とされるのでしょうか。そんな問いに対して、今回紹介する「JustGiving」は一つの解を与えてくれます。

英国で大成功したプラットフォームが日本進出

 JustGivingは、2001年にイギリスで作られたウェブサイトで、本国では現在までに1000万人が利用し、約5.4億ポンド(約720億円)の寄付金を集めているチャリティプラットフォームです。

 その最大の特徴は、誰もが「チャレンジ」という形でチャリティ・プロジェクトを立ち上げることができ、そのプロジェクトに賛同する人たちが気軽に寄付に参加できる仕組みです。

(JustGivingの仕組み[公式サイトより])

 例えば、私があるNGOのために寄付を集めたいと考えた時、私はJustGivingを使って「チャレンジ」を掲げることができます。

 まず、JustGivingにアクセスし、寄付先となる審査済みの非営利組織(現在251団体が登録済み)を選択し、今回のチャリティ・プロジェクトで達成したいチャレンジを設定します。