経済の死角

農水省が着目「藻で作る油」は脱原発の救世主か
昼は太陽光、夜はLEDで培養可能!
日本の農家が〝石油王〟になる?

2011年07月17日(日)
friday
upperline
三角フラスコには緑色の水にしか見えないNSXが入っている。後方のタンクでは「種藻」が培養されていた〔PHOTO〕蓮尾真司(以下同)
(左から)NSXから分離、濾過した油脂がBDFへと精製されていく過程。ディーゼルエンジンを動かせるという

 7月1日に電力使用制限令が発令された。第一次オイルショック以来、実に37年ぶりである。これにより、大口電力需要家には昨夏比15%の節電を義務づけ、故意に違反すれば100万円以下の罰金が科される(病院などは除く)。

「経済産業省と電力会社が主導して算出した電力の最大出力量を基にしていますから、緊急性があるかは不明です。とにかく彼らの『節電しないと計画停電になる』の大号令により、事実上の〝節電令〟が始まりました。東京で3日間停電すると、1兆8000億円の損失が出るとの試算もあります」(全国紙政治部記者)

 今回の節電令は、原発事故により発電量が低下し、夏の電力需要のピークに対応できないという理由で発令された。〝脱原発〟を模索する声が首相の口からも上がるが、それでも原発は停められないという意見を支えるのは、他の発電施設で使われるのが石油という限りある地下資源だからである。37年前も現在も、石油がいつ枯渇するかという予測は、電気に依存する生活者を一喜一憂させる。

 だが、石油に替わるエネルギーが見つかれば状況は一変する。筑波大学系のベンチャー企業「筑波バイオテック研究所」の代表取締役・前川孝昭氏(68)は、比較的容易に培養可能な「藻」から油が採れることを発見したのだ---。

「私たちは、この新しく見つけた藻にNew Strain X(以下、NSX)と名付けました。そしてこれを震災復興の一助にしようと考えています。現在、首都圏で年間約40万㎘の航空機燃料が必要とされています。この燃料をNSXから生産するとなると約300haの培養場が必要です。これを復興地に作れば雇用を創出できます。そして、NSXの油は火力発電所の燃料としても利用できるのです」

1
nextpage


最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
昨日のランキング
直近1時間のランキング
編集部お薦め記事
最新記事