upperline

 米国では「凄い20歳」が衝撃を起こしています。世間から「神童」、次の女性版Mark Zuckerberg (Facebook創業者、現CEO)と呼ばれるJessica Mah(20歳)が立ち上げたInDineroというスタートアップが資金調達のシードラウンド(事業初期段階での投資)にて約1.2億円の資金調達に成功*したのです。

 スタートアップ経営において「財務の健全性」を維持することは事業成長のために不可欠。しかし、現状のツール(Intuitが提供するQuickbook等)を財務バックグラウンドのない経営者が管理するのは手間がかかる...

 InDineroはこの切実なニーズにフォーカスを当て、今まで非効率だったスタートアップの支出管理をリアルタイムで整理してくれるダッシュボードサービスを開発しました。Jessica MahはinDineroを通して、自身同様スタートアップを経営する起業家がより賢く支出管理が出来るような価値を提供しているのです。

 本日はInDineroについて、そして若干20歳でスタートアップを成長させるJessicaについてご紹介をしたいと思います。

スタートアップのためのMintを目指す~Saying Goodbye to Accounting~

InDineroのダッシュボード画面。 グラフで分かりやすくトレンドを示してくれる。

 InDineroが徹底的にこだわっていること、それは「起業家が自身のビジネスに対して100%で取り組める環境を提供すること」です。そのゴールを成し遂げる一つの手段として、彼らはスタートアップの「財務管理の可視化」に着手しました。

 サービスアイデアとしては、米国で急成長しているMint(個人消費者の支出管理をグラフィカルなインターフェースで表示してくれるサービス)からインスピレーションを得ています。とにかく誰が見ても分かりやすい形で、複雑だった財務情報を表示する。

 InDineroを利用するスタートアップはMint同様、自社の口座情報を入力するだけで、財務データをInDineroの解析ツールと連携させることが出来ます。このシンプルな設定で、早速企業の財務管理の形は変化していくのです。

 サービス自体はダッシュボード、収入、支出、計画、トレンドと5つの分野で区切られています。ダッシュボードオプションでは、あなたのビジネスファイナンス全体をリアルタイムで示してくれます。

 そして収入欄では、企業の収益の流れを解析し、支出欄では自社のコストを分析、計画欄ではビジネスの今後の経済的なゴールを打ち立て、トレンドでは収益と支出の傾向を分析した先見性のあるデータをすっきりとしたグラフで表示してくれます。

次ページ  コストの最小化、収益の最大化…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事