特捜検事が逮捕された検察の「解体的再生」は「小沢一郎プラン」しかない!
小沢が狙われた本当の理由は
「政治主導の法務・検察改革」だった

 国民の信頼を失わせた---といった程度の話ではない。「国家秩序」の担い手としての検察が、地検特捜部を使って腐敗した権力の掃除役になるという、これまでの検察捜査の“あり方"が、全否定されたに等しい。

 最高検は、9月21日、郵便不正事件で押収したフロッピーディスクのデータを改ざんした大阪地検特捜部の前田恒彦主任検事を、『朝日新聞』が報じたその日夜、電光石火の早業で逮捕した。

 同日、記者会見した伊藤鉄男最高検次長は、今後、最高検を中心に7人の検事で、捜査にあたり、他の検事の関与の有無などを調べることを明らかにした。しかし、検察自身の手による捜査によって、これほどあからさまな証拠隠滅が、他に発覚するとも思えない。

 また前田検事が、「誤ってデータを書き換えた」と主張していることから、他の検事の関与や、報告を受けていた上司の刑事罰を問うのは難しく、結局、前田検事の個人犯罪で捜査は終結するのだろう。

 すでに、特捜検察の「シナリオ捜査」は周知のものとなっている。特捜検察は、事件の筋を読み、どの罪で立件するかを決めると、そのシナリオに沿った供述調書を取ろうと躍起となる。

 保釈や執行猶予を材料に、あの手この手で被疑者を落とし、証拠と証言でガチガチに固めて起訴するから有罪率は100%近く、「最強の捜査機関」という“尊称"を保ってきた。

 「シナリオ捜査」は、時に行き過ぎる。

 警察捜査との違いは、個々の検事に捜査権と公訴権があることだ。起訴するには検事の了解を必要とする警察は、強引な捜査や甘い供述調書を見破られ、検事に突き返される。それが警察のチェック役としての検察の役割であり、冤罪事件の歯止めでもあった。