雑誌
GRAND TOURING CAR
日本車史上に残るGTとは?

3人の評論家による緊急座談会!
写真左から片岡英明(56)、元教師なので、わかりやすい解説に定評あり。石川真禧照(62)、インプレが正確で、輸入車にもめっぽう強い。鈴木直也(55)、究極のメカオタクだけに、メカ解説は完璧

 GTという言葉の持つ響きは、日本のクルマ好きの心に深く刺さっている。そこで、クルマ史上の中に登場する日本のGTについて、3人にふり返ってもらった。

  これまで日本自動車史の黎明期から現代までのGT史をザッと振り返ってきたが、ここからは前号と同じく、自動車評論家陣3名の鼎談により、日本におけるGTの定義と発展を追っていきたい。

 1960年代に初めて「GT」という名前が日本車に登場してから半世紀。日本自動車界のなかでGTはどのような位置づけであったのか。また、そのポジションはどのように変化してきたのか。

 メンバーは本誌前号で「日本ライトウェイトスポーツ史」を語っていただいた石川真禧照、片岡英明、鈴木直也の3名にお願いした。登場車種のスペックや思い出だけでなく、GTがどのように取り扱われてきたのかも言及していただいた。

評論家3人が語る、GTとは いったいどんなクルマなのか?

 スポーツでしたが、今回はGTです。ここでも「日本自動車史におけるGT10ベスト」をそれぞれ持ち寄っていただきました。それを参考にしつつ話を進めるんですが、まずは前回と同じように、皆さんに「GTとは?」という定義を伺っていきたいと思います。

鈴木直也(以下鈴木)/僕が物心ついた頃にはすでに「GT」という言葉はありました。大人のクルマ好きが使っていて、それはどうやら「高性能なクルマ、でもスポーツカーとは違う」という意味だとわかりました。

片岡英明(以下片岡)/このスポーツカーと違うっていうのがポイントだよね。

鈴木/でも普通のセダンでもなくて、ともかく「高性能」だという刷り込みがありました。それから「GTがグランドツーリングの略」という知識は後付けで入ってくるわけですが、僕のなかでは相変わらずGTと言えば「スポーツカーじゃない」という位置づけが強いです。

片岡/私にとってはもうちょっと教科書的というか型どおりというか。

 ロングツアラーに適していること、疲れなくて楽しいこと、そういう定義です。できれば2シーターではなく後席があって、荷物なり人間なりが乗れることも加えました。しかしそうなるとトヨタ2000GT(2シーター)をどうするかって話になるんですよね。

石川真禧照(以下石川)/これを外すのもなんだかなあって感じだよねえ。

片岡/悩んだすえ私が選んだ10ベストでは落としてます。ただ選んでも選んでも、歴代スカイラインばっかりになっちゃうんだよな。

名車トヨタ2000GTは性能的にはGTであるものの、2シーターということで、今回は選外に

編集部/いま席数の話が出たんですが、やはりGTというと2シーターではダメですか?

鈴木/ダメではないけど、2シーターっていうとスポーツカーなんだよなあ・・・。

石川/僕も今回、リアシートは付いていてほしいと思ってトヨタ2000GTは外してます。2ドアでも4ドアでもいいけれども、トランクなり後席なりに大人が一週間すごせるだけの荷物が載ること。やっぱり「GT」というからには、旅行に行けないといけないからね。もちろんそれだけでなく速く走れないといけないけど。

編集部/速く走れるというのは大前提ですか。

石川/大前提だね。しかもレースに出たければ出られるほどの性能が望ましい。

編集部/皆さんそのような定義で10台選ばれたわけですね。それでは歴史的な部分も含めて、これまでの日本GT史を見ていきたいと思います。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら