社会

雑誌
ここまで分かった 「がんになる人」「がんで死ぬ人」の生活習慣
約10万人の日本人を大調査

 日本人のほぼ二人に一人ががんになる。つまり隣の人がなれば、あなたはならないし、あなたがなれば隣の人はならない。二人を分けるもの、それは普段の生活の中に隠れている。

コーヒーを1日5杯以上

 朝の会議、昼食後のデスクワーク・・・瞼が重くなるとき、コーヒーを口にする人は多いのではないか。そんなコーヒーには「飲みすぎると身体によくない」というイメージがある。ところが、コーヒーをよく飲む人は、がんになりにくいという研究結果が出たという。

「コーヒーを毎日飲む人は、ほとんど飲まない人と比べ、肝臓がんの発生率が約半分に減り、1日の摂取量が増えるほど、発生率が低下するというデータが示されました」

 こう話すのは、国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部長の津金昌一郎氏(55歳)。この度、対がん運動に功績のあった個人や団体を対象とする「朝日がん大賞」を受賞した人物だ。その授賞理由の一つとなったのが、冒頭で紹介したコーヒーに関する調査も含まれる「多目的コホート研究」(疫学においてコホートとは、追跡調査を行っていく特定集団のこと)である。

国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部長の津金昌一郎氏

 津金氏を中心とする研究チームは、日本人約10万人を、20年あまりにわたって調査。生活習慣とがんなどの病気との関係を明らかにしてきた。

 たばこや、酒の飲み過ぎが体によくないことは誰でも知っているが、それらの嗜好品、食べ物や運動習慣が、がんの発生率にどの程度の影響を与えているのか。

 津金氏らの研究は、それを数値や確率によって明確にしたものだ。がんに「なりやすい人」と、逆に「なりにくい人」の差をわかりやすく提示したのである。

■コーヒー・緑茶

 まず、冒頭に紹介したコーヒーから。ほとんどコーヒーを飲まない人の肝臓がん発生率を1とすると、毎日1~2杯飲む人の発生率は0.52、毎日5杯以上飲む人は0.24だった。なぜ、コーヒーをよく飲んでいる人に肝臓がんが少ないのか。津金氏は次のように説明する(以下、カギカッコ内は津金氏のコメント)。

「肝臓がんの患者の9割以上は、C型かC型肝炎が原因で発症するのですが、コーヒーには炎症をやわらげる作用があるため、肝炎の進行を抑えることで、肝臓がんを予防するのではないかと考えられます。

 また、コーヒーにはクロロゲン酸をはじめとする、多くの抗酸化物質が含まれており、これが肝臓のがん化を防ぐ方向に働いているという報告もある。さらに、インスリン抵抗性を改善することによってがん細胞の増殖を抑えるとも考えられています」

 男性の場合、コーヒーを1日3杯以上飲む人は、すい臓がんにかかるリスクも4割下がる。さらに、女性の子宮体がんや大腸がんの予防にも効果があるというデータも存在する。