誤訳の嵐で失笑
サッカー日本代表ザッケローニ監督
「通訳の悲劇」

 サッカー日本代表監督がようやく決まったが、8月31日のザッケローニ監督就任会見で、記者を当惑させるような「異変」があった。

「監督が話した分量に比べて、訳者の言葉が明らかに少なくて、『えっ、それだけ?』という感じでした。イタリア語の判る記者が『半分も訳していない』と言っていました」(会見に出席したスポーツライター)

 通訳のあまりの拙さに、詰めかけたマスコミは騒然だった。来年1月のアジアカップの目標を聞かれ、

「絶対に(アジアの)主役とならなければならない」

 と監督が答えたのを、

「まずトップ3に狙わないといけない」

 今後の方針について、

「選手とよく話をし、よく理解した上で、どういう役割を与えるか決めていく」

 と監督が言ったのを、

「日本とアジアのサッカーについて判らなければいけない」

 と大胆に誤訳していたことも後に判明した。

 こんな通訳が雇われた経緯について、代表に詳しいサッカー関係者はこう語る。

「通訳を務めた宮川善次郎氏は、プロの通訳ではありません。日伊のハーフということもあり、日本語は話せますが、本業はF1やサッカーのマネジメントです。今回、日本サッカー協会とザッケローニ氏の間をとりもって契約の調整をした。その流れで間に合わせ的に通訳もしたようです」

 日本サッカー協会広報部はこう説明する。

「契約合意の翌日に就任会見と時間がなかったため、宮川氏に通訳していただきました。新しい通訳については現在人選中です」

 監督選びも"その場しのぎ"だったと言われないよう、しっかり結果を出してもらいたいものだ。