経済の死角

「就活」にモンスターパパとモンスターママが出てきて大混乱!

この国の未来は大丈夫だろうか
大学生たちよ、会社は幼稚園じゃない

2010年09月21日(火) 週刊現代
週刊現代
upperline
大学4年生の「暑い」夏は今年も長くなりそう

 子供の可能性を信じ、最後まで温かく見守る―。就活中の大学生を持つ親にとって、子供との距離感が難しいのは事実。だが、あまりに近すぎる親が多いのではないか。

「大学の先生が悪い」って?

「学生の親御さんからの就職に関するクレームといえば、『なぜ、今頃になっても子供が就職できないのか』といった内容が多いですね。『どうしてウチの子が、こんな名前も知らないような小さな会社の内定しか取れないのか』『就職できないのは、大学の先生や、あなたたちの就職指導が悪い』といったものもある。中には執拗に何度も電話をかけてくる、いわゆるクレーマーとかモンスターペアレントみたいな方も、いらっしゃいます。

 みなさんのお話をうかがいますと、高学歴の親御さんのほうが、お子さんの就活に熱心だという傾向があります」

 そう語るのは、明治大学就職キャリア支援部長の永代達三氏だ。

 いま、わが子の就職活動に、本人以上に熱くなっている親たちが増えている。

 モンスターと化した親の厳しい視線は、大学だけでなく、企業側にも向けられる。学生の採用活動に忙しいこの時期、余計な対応に追われる企業にしてみれば、さらに混乱を来すわけで、「迷惑この上ない」というのが本音ではないだろうか。

 都内で催された、ある企業説明会の会場入り口では、こんな光景が繰り広げられた。

「今日は娘の体調が悪いので、私が代わりに来たんです。これが、娘のID。だから、早く中に入れてちょうだいッ!」

 そう訴えていたのは、50代の小太りの女性。鬼の形相で場内係員に食ってかかるその迫力に、リクルートスーツに身を固めた周囲の学生たちはドン引きだ。説明会を催した企業の社員が、苦笑しながらこう話す。

次ページ 「結局、そのオバさんは強引に入…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ