裏切り者は分かっている
これが小沢一郎の運命

「愛と憎悪の民主党」復讐するは我にあり!

 民主党を二つに割った熾烈な権力闘争は、党内に深い傷を残した。菅首相と小沢前幹事長の間で激しく燃え上がった怨念の炎は、もはや容易に消えることはない。

「バカか」とまで言われて

 小沢一郎という、およそ20年にわたって永田町に君臨してきた政治家に、ついに「審判」が下る。

 世論の逆風を押して出馬した小沢氏は、勝てば総理大臣に。日本の政治風景は激変する。しかし負けたとしても、小沢氏は「最強の敗者」として次のステージを狙うことになるという。

「もし菅首相の続投が決まっても、長くはもたない。連立工作もまともにできない首相では、予算編成や重要法案審議ですぐに行き詰まる。早くて年末、遅くとも来年春には辞任を余儀なくされるだろう。

 その時、小沢氏が今回の代表選に出たことが活きる。『次は小沢しかいない』。世論も党内もそうなるのは目に見えている。つまり、小沢氏に負けはない。最終的には必ず勝つ勝負だ」(小沢氏側近)

 9月14日は「終わり」ではない。新たな混沌と混乱、そして「再編」の始まりとなるべき日なのだ。

   ∴

 今回の代表選で、小沢氏に対する逆風は激しかった。小沢氏支持を打ち出した細野豪志幹事長代理は、千々に乱れる複雑な心境を、こう吐露した。

「地元の後援者からは、『もう応援しない』とか、『お前はバカか』と言われるんだ。菅さんの陣営からも、『あいつは裏切り者だ』と思われている。でもオレは、何とか一回、小沢さんを総理に・・・そう思うんだよね」

 民主党代表選は、選挙戦中盤からは「菅首相有利」の情勢となった。事前の予測通り、国会議員以外の票(計400ポイント)の6割以上を菅首相が獲得したとすれば、それだけで小沢氏は80ポイントものビハインド。国会議員票で逆転するには、40票以上の差をつけなければならない。

 小沢氏支持を表明している議員はそれでも強気の姿勢は崩さなかった。

「私の地元では、小沢さんの経済対策への反応がたいへん良かった。政府は市場に明確なメッセージを打ち出さなければならない。アメリカではすでに、『イチロー内閣』という言葉が登場しています。"イチロー"はアメリカでも抜群の知名度ですからね。それだけ小沢さんは注目を浴びているんです」(柳田和己代議士)

 だが、前出の細野氏の言葉が物語るように、小沢氏とその支持者たちの前には、「世論」という大きな壁が立ちはだかった。

 小沢氏の地元・岩手の有力支持者の一人は、「誤算があった」として、こう語る。

「出馬を決意する前は、国会議員票を7:3くらいで押さえ、圧勝できると思っていた。ところが、蓋を開けてみるとマスコミの小沢叩きが強烈過ぎた。さすがに小沢さんも、『これは大変な情勢だ』と、やや弱気な表情を周囲に見せている」

 しかし小沢一郎たるもの、いざ自分が出馬するとなれば、マスコミや世論の風当たりが激烈になることは、十分想定していただろう。大きな誤算は、もっと別の場所に存在した。

 一つ目の誤算、それは、鳩山由紀夫前首相という「地球外生命体」を、推し量れなかったことだ。

 9月7日夜。東京・赤坂の中華料理店「上海大飯店」で、鳩山グループの会合が行われた。約90人の民主党議員が集まったこの会には、途中から小沢氏も参加。

 会合後、鳩山・小沢両氏は揃ってぶら下がり会見を行い、鳩山氏が「この国難の時期に、命を顧みず立候補された小沢先生に、みんなで報いるために頑張ろうじゃないか、と語り合った」と話せば、小沢氏も、「代表選に出るかどうか迷ったが、鳩山前総理の後押しがあって決意した」と語り、互いの緊密さをアピールした。

 だが、この日の会合に参加した小沢派議員の一人は、鳩山氏の態度に不穏なものを感じているという。

「鳩山さんは小沢さんを推すと言っているが、実際の鳩山グループは、いまだ内部がバラバラ。明確に、菅首相を支持している者もいる。なぜそうなるかと言えば、表向きの発言とは裏腹に、鳩山さんがグループをまとめようと本気で動いていないからですよ」

 鳩山グループは、50~60人の勢力を抱えており、民主党内では小沢グループ(約150人)に次ぐ大集団。だが、もともと結束力の弱い民主党内のグループの中でも、さらに繋がりが薄い「単なる同好会」(民主党若手議員)と揶揄されており、「戦闘単位」としては最弱の部類に入る。

 鳩山グループの議員ですら、こう話す。

「実際に票の取りまとめに動いているのは、平野博文前官房長官や松野頼久前官房副長官、中山義活前首相補佐官ら側近です。

 鳩山さんは7日の会合で、『挙党一致と言っていたのに菅さんには騙された』と強い口調で怒りを表しましたが、翌日には、その菅首相の特使だと言ってロシアに行ってしまうような人ですよ。行動だけ見れば、菅首相と小沢氏を、両天秤にかけているとしか思えません」

 たとえば今回の代表選を現代の「関ヶ原」と見る向きがある。関ヶ原の戦いの勝敗を決したのは、小早川秀秋という育ちがいいだけの愚鈍な大名の行動だった。小早川は当初西軍として参戦しながら、決戦の場では東軍に寝返り。これが引き金となって西軍は大崩れし、壊滅したとされる。

 この時、小早川は徳川方に寝返りの密約をしていながら、同時に石田方からは、戦後に関白の役職を与えるとの密約も得ていたという。その両天秤に迷い、緒戦は旗幟を鮮明にせずグズグズしていたが、最終的には家康を恐れ、歴史に残る寝返り劇を演じたのだ。

 腹背を衝かれて全滅した西軍の大谷吉継は、小早川のことを「人面獣心なり」と呪いながら果てたとされる。鳩山氏は獣ではないが、宇宙人である。いずれにせよ「人間」と違うと自ら称しているわけだからその行動には十分に留意しなければならない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら