経済の死角

那須塩原 会津若松 猪苗代 日光・・・
消えた観光客「誰も来ない」この現実を見よ

放射能が歴史ある町を殺す

2011年07月18日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline

「震災から3ヵ月が経ち、ようやく復興への道筋が見えてきた」—。福島や栃木の観光業者は、この言葉を聞くたびに怒りに震える。観光地の惨状を知れば、こんな言葉は容易に口に出来なくなる。

旅館がどんどん潰れていく

「お客さんが来ないので、新しく土産物を入荷しても意味がない。だから入荷を止めているんですよ。それで店内ががらんとしているんです。経営はジリ貧。飯盛山で自害した、白虎隊の心境が分からんでもないね」

 会津若松市で土産物屋を営む男性は、力なく微笑みながらこうこぼした。

 福島県にとって観光業がどれほど重要な産業であるかは、あまり知られていないかもしれない。福島のコメの出荷量は全国4位を誇り、その年間出荷額は948億円。コメをはじめとする農業が県の一大産業となっていることは周知の通り。だが、2011年度版「観光白書」によれば、福島県の観光消費額は四半期だけで約897億円と、コメの年間出荷額とほぼ同等なのである。観光産業は、農業とならんで福島の経済を支える柱となっているといっても過言ではないのだ。

 ところが悲しいことに、大震災と原発事故によって、福島県の観光産業は壊滅的なダメージを受けてしまった。そして、震災から3ヵ月が経った今でも回復のメドはたっていない。

 福島第一原発から約100・離れた会津若松市。歴史的な建造物が多く残り白虎隊の地として有名なこの町は、今年、鶴ヶ城天守閣の瓦を本来の赤い瓦に取り替えたばかりで、多くの歴史ファンの来訪を期待していた。しかし震災の後、客足がぱったりと途絶えてしまったという。

「赤瓦に替えたことで、今年はじめには旅行代理店の方々も『いい観光地になりますね』と様々な旅行企画を組んでくださったのですが、3月11日以降はすべてキャンセルになりました。震災直後と比べれば客足は少し戻ってきてはいるんですが、それでも苦しい状況に変わりはありません」(会津若松市観光課長・渡部啓二氏)

 白虎隊の事績を伝える「白虎隊記念館」の入場者数も例年の2~3割程度と大きく落ち込み、冒頭の男性がこぼしたように、土産物店の売り上げも震災前と比べれば見る影もないという。

 会津若松市から東へ10・。福島県の観光名所である猪苗代湖周辺の観光業者も、青息吐息の状態だという。

「3月11日直後はライフラインやインフラの破損でキャンセルが相次ぎました。それは仕方のないことです。ところがその後、修復が進んでも、原発事故の報道が増えることで、原発からは遠く離れているこの地域も『福島』というだけで敬遠されるようになってしまいました」(会津東山温泉観光協会)

 福島の観光地にとって特に致命的だったのが、修学旅行客のキャンセルが相次いだことだ。この地域は北海道や東北地方の学校にとって修学旅行の定番だったのだが、「今年は例年と比べて9割減といったところですかね。震災前、宮城からは約160校が訪れる予定でしたが、5月から7月の間で、わずか4校にまで激減しました」(福島県観光交流課)。

次ページ  北海道のある中学校では、修学…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ