政治政策
原発賠償機構法案を批判し、古賀氏への辞職勧告を撤回したらいかが
ダメ上司に仕える「悲しき中間管理職」
海江田経産相へのアドバイス

海江田万里経済産業相は「気になる中間管理職」だ。〔PHOTO〕gettyimages

 長年、ポストや人事を気にしながら生きてきた中高年サラリーマンから見ると、海江田万里経済産業相は興味深い存在だ。羨ましくもあるが、その倍くらい可哀想でもある。彼は「気になる中間管理職」だ。

 海江田氏は、大局的には、「恵まれている」のかも知れない。昨年行われた民主党の代表選挙では、自らの立候補を取り下げて小沢一郎氏を支持したにも関わらず、菅内閣では閣僚ポストを得た。金融危機からの経済回復が注目される中での経済財政担当相だった。人事的には、明確に反主流派であったにも関わらず、会社でいうと役員に抜擢された。

 政治的にはそこそこのキャリアのある方だが、前回総選挙の前の選挙では落選していた。海江田氏は、筆者在住の選挙区の議員さんだが、「政治は生活だ」という、国民のためとも、自らのことともつかぬキャッチフレーズを掲げて前回の選挙まで、長い浪人生活を送っていた。抜群の実績により、というよりは、今にして思うと、人柄その他が菅首相に警戒されなかったために、バランス上、非主流派から閣僚に起用されたように思える。

 それでも、大臣だ。特に選挙に強いとはいえない海江田氏にとって、閣僚ポストの獲得は大きかった。

 しかし、その後は全く冴えなかった。

 経財相としては、就任直後に政府見解と異なる景気認識を語ってみたり、無利子国債の構想を述べてみたりしたが、さして話題にもならなかった。

 その後には、菅首相が、自民党から与謝野馨氏を一本釣りして、経財相に据えることとなったため、海江田氏は経産相に横滑りすることになった。与謝野氏は、海江田氏と同じ東京一区を選挙区とする議員であり(前回は比例枠で復活当選)、海江田氏とライバル関係にあるが、その与謝野氏にポストを奪われる形になった。

 会社でいえば、新たにヘッドハントされた役員に担当部署を追われたような格好だが、海江田氏は「人生は不条理だ」という言葉を残しつつも、経産相のポストを受けた。

 震災が発生し、福島第一原発の事故が勃発してからは、海江田氏は、電力業界を管掌する経産大臣の立場で問題にあたったが、原発問題に関しては菅首相が自ら現場に介入し、海江田氏は、東京電力などと共に菅氏に怒鳴られる立場に回った。会社でいうと、社長が自ら手を出して現場をめちゃめちゃにしたような案配だったが、担当役員に相当する海江田氏の存在感は薄かった。

 また、中部電力と調整を行い、同社の浜岡原発の運転を停止することとしたが、この件の記者会見は、「これは世論受けする」と見た菅首相に取られてしまう。ここでは、部下の手柄を横取りしようとする社長のスタンドプレーの煽りを食った。

一サラリーマンとしては同情を禁じ得ない

 更に、今回は、九州電力の玄海原発の運転再開を経産相として自治体に依頼する過程で、「原発は十分安全である」と述べていたのに、菅首相がストレス・テストの実施を言い出して、海江田大臣はすっかり顔を潰された。民間会社にあっても、客先など対外的な場面で、自分が述べたことを社長に覆されることは部下にとって耐え難いことだが、菅氏はそうしたことを平気で行う。

 菅首相のようなひどい上司は、民間会社にも確かに存在しており、ダメな上司の一典型だが、ここまでひどいケースは珍しいかも知れない。一サラリーマンとしては、海江田氏の中間管理職の悲哀的な状況に対して、多少の同情を禁じ得ない。

 我慢を重ねてきた海江田氏も、ついに国会答弁で「時期が来たら責任を取る」と辞意を漏らしてしまった。

 だが、海江田氏は、ここから先が憎い上司のはずの菅氏に似ていて、辞任の時期をはっきり述べておらず、経産相の職にとどまっている。

 では、海江田氏は、一体どうしたらいいのだろうか。

 端的にいって、理由を明確にして自己批判と共に菅首相を批判しつつ、さっさと辞任するといい。ぐずぐずと経産相の職にとどまることは、自身の価値を下げる。

 海江田氏が取るべき責任は、原子力発電所の稼働と休止を巡る行政手続きが混乱し、関係自治体や電力会社に対して迷惑を掛けたことと、原発行政について国民の不信を高めたことだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら