蓮舫レポート

夢を抱き、かなえることができる社会へ
「日本を元気にする規制制度改革100」をとりまとめました。

2010年09月11日(土) 蓮舫
upperline

 民主党の代表選挙もいよいよ佳境に入ってきました。

 もちろん私は、菅直人候補の再選のために最後まで全力を尽くします(もちろん、公務はきちんと務めた上でですけど)。

 総理や仲間たちと議論していると、その議論はいつも、ここに行き着きます。

「みんなの力で、国民の夢をかなえたい」

 みなさんそれぞれ「夢」を持っているはずなんです。お金持ちになる、有名になる、ジャパニーズドリームみたいな大きな夢もあるでしょうし、家族がつましくも幸せでありたい、という夢もあるでしょう。

 子どもたちなら、宇宙飛行士になりたいとかサッカー選手になりたいとか、女の子ならお花屋さんや、ケーキ屋さんを開きたい、という夢もあるでしょう。

 みんながそれぞれの夢を抱き、それをかなえることができる。これが「最小不幸の社会」なんです。

 "夢が持てない時代"なんて寂しい言葉が跋扈する世の中、閉塞感でいっぱいの世の中を打破する。だから、「元気な日本の復活!」なんです。

 そのために私にできること、
「日本を元気にする規制制度改革100」をとりまとめました。

(1) 都市再生
(2) 環境・エネルギー
(3) 医療・介護
(4) 観光・地域活性化
(5) 国を開く経済戦略
(6) 保育

 などの6つの分野において制度改革を行う100項目を盛り込み、閣議決定しました。

 具体的にいえば、

(1) 都市再生

・高層マンションの容積率を緩和
  → 床面積を拡大しやすくする
  → 老朽化マンションの建て替え需要をつくりだす

(3) 医療・介護

・看護士が1人でも訪問介護ステーションを設置できるようにする
  →介護サービスが拡大する

(4) 観光・地域活性化

・古民家や町屋を宿泊施設にしやすくする

・旅館の送迎バスでのツアーを可能にする(今は道路運輸法で規制)

(6) 保育

・認定子ども園への補助要件の緩和

・幼保一体化の実現を来年度の通常国会で目指す

 などなど。「元気な日本の復活」は、過去の栄光の復活ではなく、新しいシステムを構築した上での「元気な日本」の復活なのです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事