サッカー日本代表監督
一面トップで大誤報
日刊スポーツの「不運」

 長らく迷走していたサッカー日本代表監督人事について、日刊スポーツが一面で、〈代表監督 ペケルマン氏合意〉とぶち上げたのは8月30日のこと。

 ところが同じ日、イタリア人・ザッケローニ氏の監督就任が日本サッカー協会より発表され、日刊は赤っ恥をかくことになった。

 実はサッカー日本代表監督に関する報道では、日刊は"連敗中"だ。

「06年6月8日には、〈ジーコ後任 ジャケ監督〉と報じたし(実際にはオシム氏)、07年11月20日には、脳梗塞で倒れたオシム氏の後任として、〈オジェック氏 代表監督〉と書いていた(実際には岡田武史氏)。しかもいずれも一面でした」(大手スポーツ紙デスク)

 それだけに、日刊は「今度こそは」と燃えていたはずである。というのも、後任監督人事を一任されていた原博実強化担当技術委員長は、以前に日刊の評論家を務めており、良好な関係にあったからだ。

 事実8月3日には、原委員長がリストアップしていた監督候補3人の実名を一面でスクープし、日刊は他紙をリードしているように見えた。

 しかし、その中にザッケローニ氏の名前はなく、このあたりから監督人事の混乱ぶりは深まり、日刊と原委員長の関係も変化していったという。

「今まで通り原さんのルートから情報が入ってくると踏んでいた日刊と、後任が固まらず候補名が表に出ることにナーバスになっていた原さんとの関係がぎくしゃくしてきた。
  日刊の記者が『(監督が決まらないのは)ご自身の責任ではないか』と原さんを批判することもありましたが、それは情報が出ないことへの不満の表れにも見えます。原さんはそれを不愉快に思い、日刊に対してますます頑なになったのではないか。彼に頼りすぎたことが今回の誤報を招いたのかもしれません」(スポーツライター)

 結果的に、スポニチが独自取材でザッケローニ氏の極秘来日を掴み、日刊の誤報と同じ30日、一面でスクープをものにした。

「今度こそ」という意気込みが先走るあまり、日刊の攻めは不運にもオフサイドとなってしまったようだ。